ウォルフガング プロクシュの偏光サングラスと歴史

ウォルフガング プロクシュ偏光サングラス
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ウォルフガング プロクシュ(WOLFGANG PROKSCH)は、機能と美しさを追求した斬新なアイウェアブランドです。
ウォルフガング プロクシュの偏光サングラスは、少しデザインが独創的であり2段構成機能です。
通常は、眼鏡として使用し外出するときにはメガネレンズ両端に付けられたマグネットに偏光シートを挟み込む構造です。

クリップ式偏光レンズはややデザイン性に欠けてつけにくいという方にこそ、ウォルフガング プロクシュの偏光サングラスがおすすめです。

有名ブランドにデザインを提供
ブランド名となっているウォルフガング プロクシュ氏ですが、ドイツ人デザイナーとしては折り紙つきの実力を持っております。
その周囲が見入る独創的なデザインはモード界から注目を集め、様々なメーカーよりデザイン依頼が入りました。
オリーブピープルズなどアイウェアブランドだけではなく、フェンディーやロエベなどの世界的ブランドへデザインを提供してきたデザイナーです。

ウォルフガング プロクシュの特徴を知ろう
2000年の初頭にプラダにて提供したアイウェアをインスピレーションの源にしたともいわれるニューティアドロップデザイン。
このデザインは、ウォルフガングプロクシュの代表的なサングラスアイテムとして世界中で人気となっています。
どこかの時代で見たようなクラシックなデザインでありながらも、独創的なセンスを織り込むことで独自のスタイルとして確立しています。
ウォルフガング・プロクシュの斬新なサングラスデザインの特徴です。

ウォルフガング プロクシュのこだわり
レトロな感覚とフューチャーな感覚という相反する2つの項目を、1つに昇華させるその独自のセンス。
決して真似ようとされないデザインは、他のブランドにはないプロクシュの強みだと言えるでしょう。
ファッションデザイナーとして30年以上の経験を持つウォルフガングプロクシュ氏ならでの、こだわりがブランドの全面に押し出されています。

一時期ウォルフガング プロクシュのプロジェクトは凍結されていたのですが、2011年に再始動をしたことで大ブームとなりました。
コアなユーザーにとって、待ち望んでいたものが世に出されるようになった瞬間でもあります。
前衛的で革命的、そんなサングラスやメガネを身に着けたい人にはお勧めのブランドです。

特に、ウォルフガング プロクシュの偏光サングラスは類を見ない斬新なモデルが多く利便性が高いことが利点です。
眼鏡をかける人が偏光サングラスを利用するには、クリップ式かオーバー式のどちらなになります。
しかし、クリップ式はデザイン性に欠けていてオーバーグラスはかさばってしまうという方に利用していただきたいですね。

眼鏡そのままの状態で偏光機能が搭載された機能性は、日常生活にとても役立ちます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事 偏光サングラスとは?8つの利点をガチ解説!

関連記事

ページ上部へ戻る