ヴェルサーチの偏光サングラスと歴史

ヴェルサーチ偏光サングラス
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ヴェルサーチ(Versace)は、イタリアを代表する名ブランドの1つです。
デザイナーは、ミラノモードの3Gとして名高いジャンニ・ヴェルサーチです。
類まれなデザインセンスは時代の寵児として世界中で歓迎されたファッションブランドです。

ヴェルサーチの偏光サングラスは、ヨーロッパ圏での販売が中心となっております。
日本でも購入ができますが、海外取り寄せが大半をしめます。
デザインやブランド名で選ぶのも良いですが、レンズ性能は妥協したくないところですね。

ヴェルサーチの歴史って?
ジャンニ ヴェルサーチ氏は、イタリア南部にあるレッジオカラブリアにて1946年に生まれました。
母親がブティック経営をしていたことから、幼少期よりファッションに触れて育ち本格的にファッションの世界へと足を踏み入れていきます。
母親のブティックでデザインを学びながら働いたのち、ファッションの中心であるミラノへ進みます。

その後、ジャンニ・ヴェルサーチ氏はカルサードス・エルガール社でアパレルのキャリアを積みます。
ジャンニ・ヴェルサーチ氏の洋服ライン取り技術が認められ、1973年に高級ブラウス・スカートを手掛ける「ジェニー」のスカウトを受ける。
1978年に独立し、ミラノでジャンニヴェルサーチ氏は自身初となるコレクション「ジャンニ・ヴェルサーチ」を発表しました。

「ジャンニ・ヴェルサーチ」のコレクションは天然素材にこだわり、素材を引き立てるデザインカッティングで評価をされました。
第一号店「ジャンニ・ヴェルサーチ」は、ミラノのファッション街スピーガ通りに登場し、実の兄であるサント・ヴェルサーチが経営を行いました。
この年が、世界的に有名なヴェルサーチ発祥の年になります。

ヴェルサーチの発展
その後、ヴェルサーチは次々に有名な賞を受賞していきます。
イタリア婦人服デザイナーの最高賞とも言われるゴールデンアイ賞の第一回受賞者、アメリカのカティサーク賞などなど栄誉を手にしました。
それに加えて、オペラやバレエ、映画「ジャッジ・ドレッド」の舞台衣装を手掛けるなど精力的な活動をしており、いずれも高い評価を得ています。

しかし、1997年マイアミにあった別荘近くで、ジャンニ・ヴェルサーチ氏は射殺されてしまいました。
90年代ミラノファッションの先駆者であったと言えるでしょう。

ヴェルサーチの死後は?
ヴェルサーチは1998年以降、ジャンニ・ヴェルサーチ氏の弟にあたるドナテッラ・ヴェルサーチ氏が後継となっています。
ヴェルサーチの広告スタイルを作り上げた人物でもあり、グループ全体の副社長を務めているのでも有名です。
2000年代に入ってもヴェルサーチは精力的なデザインを発表し続けており、ジャンニ・ヴェルサーチの意思はまだ生きていると言って良いでしょう。

この頃には、内装デザインなど全て自社で手掛けたオーストラリアのゴールドコーストにホテル「パラッツォ・ヴェルサーチ」を開業。
ドバイにも「パラッツォヴェルサーチ」をオープンさせ、5つ星ホテルを獲得する。
そしてアパレル部門では、腕時計業界やアイウェアにも本格的に力を入れはじめる。

日本では通常コレクションでのラインナップは無いが、海外でもヴェルサーチ偏光サングラスはとても好評です。
2011年になると、スウェーデンのアパレルメーカーエイチアンドエムと共に「VERSACE for H&M」をリリース。
同年レディー・ガガが自身のプロモーションビデオでウェルサーチを愛用していたことから、キャンペーンモデルにガガが登場しました。

また日本の有名人においては、GacktさんがヴェルサーチのサングラスN37型を好んで愛用しております。
ガクトさんは、ウェルサーチのサングラスをとてもお気に入りだそいうで同モデルを複数所有しております。
スポーツや本格的な遊びに力を入れるGacktさんには、ウェルサーチの偏光サングラスが大活躍してくれそうです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事 偏光サングラスとは?8つの利点をガチ解説!

関連記事

ページ上部へ戻る