クリスチャン・ディオールの偏光サングラスと歴史

クリスチャン・ディオール偏光サングラス
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

クリスチャン・ディオール(Christian Dior)は、今や女性の憧れ的なファッションブランドとして認知度が高いです。
サングラスコレクションが豊富で、デカサンが魅力的です。
クリスチャン・ディオールの偏光サングラスは、ごく僅かのラインナップとなっており入手も難しいです。

基本的には、レンズをオーダーで取り変えてクリスチャン・ディオール偏光サングラスを作る方が早いです。
また、稀にユーズド品でクリスチャン・ディオールの偏光サングラスを手に入れるチャンスもあります。

クリスチャン・ディオールの歴史
クリスチャン・ディオールは、デザイナーの名前がそのままブランド名となっています。
デザイナーのクリスチャンディオールは、1905年にフランスのノルマンディーマンシュで生まれました。
芸術に強い関心を持っていたクリスチャン・ディオールは父親からの出資金を元手にしてアートギャラリーを開いていました。

しかし、世界恐慌の際に父親がほとんどの資産を失い、ギャラリーに関しても続けられなくなってしまいました。
その後、コレクションのデザインをする仕事を、ロベールピケの元で行う事になります。
ディオールはピケに真のエレガンスとは何か、という事を学んだと後年語っていますから、その影響はとても大きかったでしょう。

ブランドの設立
それから、1946年にマルセルブサックの支援を受け、パリに自分のクチュールメゾン「ブティック」をいよいよ立ち上げます。
ブティックの立ち上げから、たった1年でパリコレクションへに登場することになります。
ゆうがな曲線の美しさを表現した「花冠」を発表します。

その引き込まれるかのような魅力に虜になった、世界初の女性ファッション誌「ハーパース・バザー」の編集長に注目されます。
この出来事がきっかけで、ディオールは世界から認められるブランドとなっていきます。

1948年から1956年にかけて、毎年新ラインのシルエットを発表し新鮮さも話題になります。
同時に香水部門パルファン・クリスチャン・ディオールを創立させます。
アメリカ市場にてブランドライセンス事業を行い、今や当たり前となっているライセンス販売の先駆者となります。

様々なコレクションにおいてディオールは高評価を受けて、その名声は高まっていきました。
そして1957年にクリスチャンディオールは死去してしまうのですが、弟子のイブサンローランがわずか21歳にして主任のデザイナーとして活躍します。
その後もジョンガリアーノやエディスリマンなどデザイナーに恵まれ、世界で愛されるブランドとして成長しました。

2000年にメンズ部門
これまで女性中心のコレクションにて、高評価を得てきたクリスチャン・ディオール。
2000年に初めてメンズコレクションを発表し、話題を集める。
しかしながら、レディースコレクションほど勢いはなく低迷状態でしたが2007年よりメンズ部門に新デザイナーの強化を行う事でメンズ部門の強化をはかりました。

もともとクリスチャン・ディオールのサングラスは、とても人気が高くコレクションの幅も広いです。
2001年には、テッド・デミ監督の映画「ブロウ」にて、主役ジョニー・デップ演じるジョージ・ユングの娘エマ・ロバーツがクリスチャン・ディオールのサングラスを掛けていました。

また2004年には、アメリカの歌手アッシャー・レイモンドが新曲をリリースし全米の大ヒットを記録します。
アッシャー・レイモンドのツアーや舞台には、クリスチャン・ディオールのメンズラインを愛用しております。
この超有名歌手の愛用で、クリスチャンディオールのメンズラインの人気に加速がつきました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事 偏光サングラスとは?8つの利点をガチ解説!

関連記事

ページ上部へ戻る