海釣りでは偏光サングラスの活用で釣果が決まる

海釣り偏光サングラス
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

海釣りと一言で表しても、その種類の多さは数えくれないほど発展しております。
そのため、海釣り仕掛けも初心者がすぐ使えるようなものからビギナー用まで多数あります。
そして海釣りに欠かせない偏光サングラスの性能も釣り具と同様に日本は世界トップレベルになります。

まずは海の状況を把握しよう
魚を確実に釣るためには、時合いや海中の状況などを正確に把握することが求められます。
これは釣りの経験がある方なら誰もが痛感していることだと思うのですが、裸眼状態で海の状況を把握し、それを攻略することは難しいものです。
なぜなら、海面の雑光や照り返しによるギラツキが強いからです。

特に天気の良い日は、日光の反射によって水面すらまともに見られないような状態になってしまい、海中を見るどころではありません。
反射光によって何も視界情報が無い中で釣りをすることになるわけですから、どうしても運任せの釣りになってしまいます。
視界が悪いばかりに、結果的には良い釣果を出すことができなくなってしまうのです。

そこで偏光サングラスの大活用
偏光サングラスがあれば、見たい対象物にかかる不要な光を取り除いてくれるので、必要な海面情報が見えてきます。
スパっとかけるだけで海面、水中が驚くほどよく見えるようになり、現在の海面状況を正確に知ることができます。
時合いによって餌を探しにきた魚群を見つけることまで可能にしてくれるので、後は釣れるのを待つだけです。
海釣りの場合でも水深が浅いポイントなら底まで見えるくらい見え方が変わってきますので、常に有利な状態で釣りをすることができます。

これが偏光サングラスを利用する最大のメリットと言えるでしょう。
潮の流れや魚の姿、数などを知ることができれば釣りの難易度は大きく変わってきます。
釣りをしている人の中には周囲の人を差し置いて1人だけ大漁という方がいるものですが、そうした方も偏光サングラスを活用しているケースが多く見られます。
それほど効果や期待の高いアイテムとなります。

ウキや仕掛けもクッキリ見える!
偏光サングラスの視界は鮮明に海面や水中を見渡せるだけでなく、糸や仕掛け、ウキの姿を常にはっきり見られることもメリットの一つです。
海釣りは波の影響によって仕掛けやウキが常に動いており、場合によっては光の反射で見失ってしまうことも少なくありません。
これでは釣れるものも釣れなくなってしまいますが、偏光サングラスを活用することでこうした事態を防ぐことができます。

視界が良くなることで、自分で海釣り仕掛けをコントロールしやすくなります。
その結果として、魚を誘いやすくしたり、より魚のいる絶好のポイントに餌を置くことができます。
これだけのことが偏光グラスだけで出来てしまうわけです。
たまたま釣れたのではなく、戦略的に考えて自分で釣ったという感覚も強く、今まで以上に釣りそのものを楽しむこともできてしまいます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事 偏光サングラスとは?8つの利点をガチ解説!

関連記事

ページ上部へ戻る