ここまで超視界になる!ゴルフの悩みは偏光サングラスが即解決!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ゴルフと偏光サングラス
ゴルフは男女を問わず全ての年代の方に親しまれている球技の一つで、コースに出なくても身近な所に練習場(打ちっぱなし)もありますし、また最近ではゴルフバーのように巨大なスクリーンを備えたシュミレーターのようなゲーム機がある店舗もありますので、忙しいサラリーマンの方も仕事帰りに興じている姿を多く見かけます。
ただ実際にコースに出てプレイするようになると練習場やゲーム機とは全く異なり、自然の中で周囲から様々な影響を受けるため環境に併せて必要になる装備もあるもので、アイウェアとして偏光サングラスを使用する方は非常に多くなります。

偏光レンズで悩みを解決する
競技は自然環境の中で行う事になり、例えば風の影響によりボールが持っていかれることもあれば、強い日差しにより目を酷使したり紫外線で悪影響を受けることもあります。
フェアウェイは上からの太陽光だけでなく下からの照り返しも非常に強くなりますので、上下から照らされる強い光の中で進めると目の機能を酷使して距離感が掴みにくくなりプレイに支障をきたすこともあれば、翌日の仕事に影響を残すこともあるのです。

またコースでは上に遮るものがなく、都市部で半日出歩くケースと比較しても身体に紫外線を浴びる時間は非常に長くなりますので、単に日焼けするだけでなく目に紫外線が入れば将来的に白内障や黄斑変性症などのリスクが生じることにもなりかねず、偏光サングラスを用いて防ぐことは非常に重要になるのです。
また目への悪影響と関連してスコアが悪いなどの悩みを抱える方の場合も、グラスを装着したことで目が疲れず最終ホールまで視力が衰えないことで悩みが解決できたなどの話も聞かれますので、より良いプレイをして問題を解決する上でもグラスは必須のアイテムとなるのです。

ゴルフでおすすめの偏光サングラスとは
プレイする際には他の競技と比較すると屋外にいる時間が長く、休日など混みあう日には4時間から5時間ほど掛かる場合もありますので、グラスの中でも特にUVカット機能が高い種類の製品がおすすめになります。

このUVカット機能に関しては個々のグラスにより紫外線カット率・紫外線透過率・UV400などと表記が変わるのですが、紫外線カット率であれば100%に近い物を、紫外線透過率であれば1%に使い物を、またUV400であれば数字の部分が280以下・208~315・315~400などと種類があるのですが、もっとも数が大きい400を選択すれば最も高い機能性を有する事になります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事 偏光サングラスとは?8つの利点をガチ解説!

関連記事

ページ上部へ戻る