エンポリオ・アルマーニの偏光サングラスと歴史

エンポリオ・アルマーニ偏光サングラス
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

エンポリオ・アルマーニ(EMPORIO ARMANI)はイタリアを代表する名ブランド、ジョルジオ・アルマーニのセカンドラインであります。
若者向けのラインであることから、ジョルジオ・アルマーニよりも遊び心のあるデザインが多く、アイテムとしても幅広いのが特徴でしょう。
スーツをはじめ、時計や財布などを展開してエンポリオ・アルマーニの偏光サングラスまでラインナップが豊富です。
有名なブランドの多くはアイウェア部門において普通のUVレンズ仕様ですが、エンポリオ・アルマーニは偏光サングラスのシリーズもあるのでユーザー視点が伺えます。

エンポリオ・アルマーニの歴史を知ろう
エンポリオアルマーニの歴史は、1975年にジョルジオアルマーニ氏がデザイナーとして独立したことから始まります。
もともとジョルジオ・アルマーニは医者を目指していたそうですが、兵役についたことから医師の道を諦めます。
その後に高級紳士服のデザイナーとして働いていました。

先ほども触れたように1975年に自身がデザイナーとして独立して活動を始めたのです。
そして、ハイエンドラインのジョルジオ・アルマーニを発表します。
1981年になると、アルマーニ系セカンドラインとして「エンポリオ・アルマーニ」が誕生します。

エンポリオ・アルマーニの特徴って?
当初は、ビジネスシーンで活躍する派生ラインといった位置づけだったと言えます。
「エンポリオ」という言葉にはイタリア語で「市場」という意味があります。
若者たちに手頃な価格でファッションアイテムを贈る、そういう意味をこめてエンポリオ・アルマーニというブランドが誕生しました。

エンポリオ・アルマーニと言うと高級ブランドのようなイメージをする人も多いのですが、財布やマフラーなどの定番商品であれば、価格的にもそこまで高いものではありません。
しかし、作りは高級ブランドのような高級感があることから、日本でも多くの人から人気を得ているブランドだと言って良いでしょう。
メインラインがジョルジ・オアルマーニなので、作りもしっかりとしている事は当然というべきでしょうか。

映画監督がテレビCM
1980年代後半にはエンポリオアルマーニのテレビCMを、名作「タクシードライバー」など多数を手掛けた映画監督マーティン・スコセッシ氏が作成することになり話題となります。
2009年には、日本でブランド携帯が登場します。
ソフトバンクとエンポリオ・アルマーニがコラボレーションした携帯電話「SoftBank 830SC EMPORIO ARMANIモデル」を発売します。

エンポリオ・アルマーニからのリリースですが、デザインはジョルジオ・アルマーニ氏が直々に担当。
そして、側面にはLEDをあしらい美しい東京のイルミネーションを表現したデザインとなり注目があつまりました。
エンポリオ・アルマーニは、私たちの生活も豊かに楽しくしてくれる企画アイテムが多く幸せな気持ちになります。

アイウェア部門の商品を見てもネームバリューを優先して普通レンズを使用するのではなく、視界が良くなるようエンポリオ・アルマーニは偏光サングラスをリリースしている点も完璧主義のアルマーニ魂でしょう。
ユーザーとしては、有難い話です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事 偏光サングラスとは?8つの利点をガチ解説!

関連記事

ページ上部へ戻る