ケーノンの偏光サングラスと歴史

ケーノン偏光サングラス
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ケーノン(KAENON)偏光サングラスは、レンズの製造技術やデザインが人気のブランドでスポーツの場面で重宝されているアイウェアブランドとしても有名です。
人気上昇中のケーノンの歴史はどの様になっているのでしょうか。
ここではケーノンの偏光サングラスについて詳しくみていきましょう。

ケーノンの歴史
ケーノンは、実は2001年に誕生したばかりのまだ新興ブランドです。
スティーブローセンバーグとダレンローセンバーグのローセンバーグ兄弟が創業者であり、アメリカ合衆国カリフォルニア州のニーポートビーチで誕生しました。
ローセンバーグ達の創業者がブランド名でないので、「ケーノン」という名の由来が気になるかと思います。

その由来、ケーノンという言葉は、南パシフィックにおいては「自由」という意味があります。
その「自由」をケーノンブランドで表現しています。

まだ創業してわずかな期間しか経過していないにも関わらず、ケーノン人気が高まっております。
なぜアイウェア業界で地位を得ているのかと言えば、一つの大きな成功がその要因となっています。
それは、ケーノンが採用しているSR-91と呼ばれる偏光レンズです。

世界特許の新素材
このSR-91は耐久性、軽さ、そして解像度も透明度も、どれをとっても非常に優れているレンズであります。
SR-91の素材はポリウレタンであり、ケーノンは実用性において超優秀な偏光サングラを完成させたのです。
これにより、元々はカリフォルニアという場所柄、サーファー向けに開発された同商品が多くのアスリートやスポーツで無くてはならない物として愛用される事となります。

またこのサングラスは偏光サングラスという事で、フィッシングやスキー、スノーボードといった反射が気になるスポーツにおいても抜群の性能を誇るというのも特徴です。
世界特許を取得している関係で類似した商品も少なく、唯一無二の存在としてケーノン偏光サングラスは輝いているのです。

スポーツマンの注目
ケーノンの偏光レンズは、特殊機能レンズとしてスポーツマンの間で注目を集めます。
今では、サーファーを原点としてゴルフユーザーそしてマリンユーザーと幅広い認知を獲得することができました。
これも、ポリウレタン偏光レンズを先駆けて取り入れ特殊レンズとしての口コミが広まったためです。

特に認知され始めた要因として、北京オリンピックのゴールドメダリストがケーノン偏光サングラスを愛用していたことにあります。
また、ボートの分野でもトップ選手がケーノンの偏光サングラスを活用し有利な視界を確保していたことからスポーツマンへ広まりだしました。
ケーノン偏光レンズは、ただ雑光を取り除くのではなく海面の変化も確認しやすいことからマリンユーザーへの支持が高まっております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事 偏光サングラスとは?8つの利点をガチ解説!

関連記事

ページ上部へ戻る