クリスチャン・ロスの偏光サングラスと歴史

クリスチャン・ロス偏光サングラス
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

クリスチャン・ロス(Christian Roth)は、チタンフレームを最初に用いたアイウェアブランドです。
当時としては珍しいチタンを重宝してラミネート手法など、周囲を驚かせてきた金属フレームの革命的パイオニアです。
クリスチャンロスの偏光サングラスは、主にチタンフレーム素材モデルに採用されております。

軽量かつシャープなデザインで、メタルファッションと視界の良さが売りのクリスチャンロス偏光サングラスは注目を集めました。
メタルフレームというと、薄いプレス型やドスっと重量感のある分厚いデザインが主流となっていました。
クリスチャン・ロスのチタンフレームが登場したことによって、メタルデザインがよりお洒落になりました。

クリスチャン・ロスの歴史
クリスチャン・ロスは、ドイツ人のデザイナーです。
ブランドとしての「クリスチャン・ロス」の誕生は、1984年に遡ります。
この時にクリスチャンロスは、フランス人であるエリックドメージュと一緒に、ニューヨークでオプティカルアフェアーズ社を設立しました。

クリスチャン・ロスは当時から、他のアイウェアとは一線を画す商品として、抜群の存在感を放っていました。
その理由は当時には一般的では無かった、ある素材を採用していたからです。
その素材とは、先ほどにもお話した「チタン」です。

それ以外にも、クリスチャン・ロスの革命的な挑戦は続きました。
例えばプラスティックの生地やリムレスフレームをいくつも貼り付け合わせるという複雑な手法を用いるラミネート手法などです。
それまでの常識を覆すデザインでした。

サングラスというと、当然レンズは2つです。
スポーツ系には他ブランドで1枚レンズもありましたが、クリスチャン・ロスはサングラスフレーム脇にもレンズをはめ込み4枚レンズという斬新なアイデアを展開しておりまう。

その様なチャレンジは、ユーザーに驚きを届け多くの注目を浴びる事となりました。
急速にクリスチャンロスは、人気のアイウェアブランドとして認知されていきました。
スポーツマンにとっても、オシャレなクリスチャンロスの偏光サングラスが大好評でした。

日本上陸とHIDE
1998年になると、クリスチャンロスは日本での展開を謀るためにアイウェア製造業「シャルマン・グループ」と提携を行います。
日本での製造技術を取り入れながら、クリスチャンロスの売りであるチタンフレームが使用されます。
現在のメガネなどにもチタン素材は取り入れられていることから、クリスチャンロスの日本上陸はとてもアイウェア業界にメリットが大きかったと考えられますね。

さて、そんなクリスチャンロスのサングラスですがHIDE(日本のバンドグループX JAPAN)が好んで愛用していた事は有名な話です。
また、日本のミュージシャン兼俳優である吉川晃司さんもクリスチャンロスを愛用しています。

クリスチャンロスの休業と復活
世界的大ヒットが急ぎ過ぎたからか、クリスチャン・ロスは、一時期休養を設ける形となりました。
そのアイウェアシリーズにおいても、彼が直接デザインに携わった物の生産はストップしていました。
しかし、2012年にファンが心待ちにしていた、彼の再活動が発表されました。

これまでにクリスチャンロスは、アンドゥムルメステールやクロエ、カールラガーフェルドやマイケルコースなど様々なコラボレーションを行い、多くの著名人に愛されているブランドです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事 偏光サングラスとは?8つの利点をガチ解説!

関連記事

ページ上部へ戻る