アニエスベーの偏光サングラスと歴史

アニエスベー偏光サングラス
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アニベスベーは(agnes b.)、シンプルで機能的なフランスのトータル・ファッションを追求したブランドです。
agnes b.は、洋服、サングラス、バッグ、コスメ、財布や腕時計など、メンズレディース問わず支持されております。

agnes b.の歴史

アニエスベー agnes b.創立者であるアニエス・トゥルーヴレ(Agnes Trouble)は、1941年にフランスのヴェルサイユに産まれる。

1964年に、雑誌出版会社ELLEに入社し、ファッションに関心を持つ。
その後、デザイナーやスタイリングの経験を積み、アニエスは1974年にファッションブランド「アニエス・ベー」を立ち上げました。
アニエス ベーの「ベー」は、創業者アニエス トゥルーヴレの夫であるボルコワの頭文字から来ております。

1975年にアニエスベーは、初めてのブティック第1号店をフランスのパリ内レ・アール地区のジュール通りにオープンさせました。
agnes b.のコレクションは全てアニエスベーが手掛け、洋服以外の眼鏡・サングラスや腕時計なども最終リリースはアニエスベー二自身が行っております。

1980年にはアメリカのニューヨーク州にagnes b.2号店をオープンさせる。
続いてオランダ・イギリス・スイスと展開して行き、1984年には東京の青山にagnes b.日本第1号店のブティックをオープンさせました。

パリを拠点とするagnes b.ですが、パリ市内には20店舗以上のブティックを展開し、全世界では100以上のブティックをオープンさせています。

そして、1993年には本格的に鞄アイテムに力を入れるため「アニエスベー ボヤージュ」を展開する。
その7年後、2010年には若い女性をターゲットに「トゥービー・バイ・アニエスベー」をリリースした。

社会活動にも積極的なagnes b.

アニエスベーは、ファッション業界だけでなく幅広い活動を行っており世間での評価も高い。
海洋保護の為に高い功績をおさめた人物に贈られる「海の保全者賞」を、2012年にアニエスベーが国際海の保全者協会から受賞する。
「海の保全者賞」の歴代受賞者は、ミハイル・ゴルバチョフ、ジェームス・キャメロン、テッド・ダンソンなどなど著名な方が多い。
この賞の表彰は、『海の舞踏会』で行いモンテカルロ内フェアモントホテルにて開催されました。

ボランティア活動やチャリティー活動にも積極的なアニエスベーは、エイズ撲滅活動や日本赤十字社に対する支援も行っておりました。
私たち日本人が忘れられない阪神・淡路大震災の時には、自国でのagnes b.ブランド販売収益を支援活動に割り当ててくれた事も有名なお話です。

テレビや映画にもagnes b.

別業界のお話として、agnes b.は映画業界と関係が深く、映画などで登場するagnes b.のメガネなどが注目されるようになりました。
カラーバリエーションも多く、シンプルなのに機能的なデザインのサングラスが支持されております。
ここ日本では、フジテレビ系ドラマ「サプリ」にて伊藤美咲さんがagnes b.のメガネを愛用しておりました。

agnes b.アイウェアは、シリーズも多く展開され偏光サングラスの分野にもチャレンジされております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事 偏光サングラスとは?8つの利点をガチ解説!

関連記事

ページ上部へ戻る