ヴィヴィアンウエストウッドの偏光サングラスと歴史

ヴィヴィアンウエストウッド偏光サングラス
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ヴィヴィアン・ウエストウッド(Vivienne Westwood)は、イギリスのファッションブランドです。
ヴィヴィアンウエストウッドの偏光サングラスは、ヨーロッパマーケット限定企画となっております。
手に入れるには、直接イギリスWEBサイトからの購入か日本でごく僅かに流通している中古を手に入れる方法があります。

さて、ヴィヴィアン・ウエストウッドは世界的にも有名なブランドであり、ご存知の人も多いでしょう。
日本での知名度も高く、ミュージシャンを初めとして芸能人やモデルの人にもファンが多いブランドです。

ヴィヴィアンウエストウッドの歴史を知ろう
ヴィヴィアン・ウエストウッド氏は、若い頃に美術教師を目指していたそうです。
美的センスが高く、絵画が得意でありアートの道へ進みました。
旧姓は、ヴィヴィアン・イザベル・スウィア。

一度目の結婚後、ヴィヴィアンウエストウッドに名前が変わります。
彼女の人生の転機となるのが1971年のこと。
この時に夫であるマルコム・ロバート・アンドリュー・マクラーレン氏と「ブティックレット・イット・ロック」を立ち上げました。
キングスロード430番地、これはとても有名な住所です。

マルコム・マクラーレン氏は、イギリスのパンクバンドであるセックス・ピストルズのプロデューサー兼マネージャーでした。
1974年に「レット・イット・ロック」の店名は「セックス」に変更し、ブティックで販売していた洋服のデザインにエスエムの要素を取り入れ始めました。
そのデザインから、ヴィヴィアン・ウエストウッド氏自身もパンクの女王と呼ばれるようになります。

1976年には店名を「セディショナリーズ」へ変更し、1979年には「ワールズ・エンド」に再度変更しております。
この店舗は、今もなおキングスロードの430番地に存在している有名店です。
その後、ファッション業界の歴史研究を日課として母国イギリスの伝統と文化をデザインに取り入れ始める。

こうして1983年には、パリコレクションに出る。
1993年からは、レディースウェアの部門をさらに充実され1996年にミラノコレクションに初めて出る。
2000年代になると、アイウェア部門もできヴィヴィアンウエストウッドサングラスが登場。

2006年には、イギリス人ファッションデザイナーでは初めての「Dame」の称号をエリザベス女王から与えられた。

ヴィヴィアン・ウエストウッドのオーブ
ヴィヴィアンウエストウッドの代名詞とも言えるものが、オーブのデザインです。
十字のついた球体のマークは英国王室とサテライトを表しており、伝統と斬新な未来を重ねあわせたものになります。
ボンテージファッションの先駆者でもあり、ヴィヴィアン・ウエストウッドはまだまだ色あせないものがあると言って良いでしょう。

ドレスやウエアでけでなく、財布や鞄そして小物アクセサリーも充実するヴィヴィアンウエストウッド。
近年では、ドイツ圏ではあるがヴィヴィアンウエストウッドの偏光サングラスもリリースされはじめアイウェア部門の強化もされております。

ヴィヴィアンウエストウッド氏が戦車で意志を語る
今や世界的なファッション業界のデザイナーであるヴィヴィアンウエストウッド氏。
母国の環境問題に関心があり、イギリスでシェールガス採掘の計画が発表されました。
シェールガス採掘とは、地下数千メートルほどドリルで岩盤を掘り進み天然ガスや石油などの資源を取る事をさします。

しかし、このシェールガス採掘は掘り進んだ岩盤層の中の資源を取りやすくするために塩酸などの化学物質水を注入します。
これらの化学物質水が、地下水脈に流れ込む可能性もあります。
これに対し、ヴィヴィアンウエストウッド氏が戦車でイヴィッド・ウィリアム・ドナルド・キャメロン首相邸に抗議へ出向いた事がニュースで注目されております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事 偏光サングラスとは?8つの利点をガチ解説!

関連記事

ページ上部へ戻る