アランミクリの偏光サングラスと歴史

アランミクリ偏光サングラス
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アランミクリ (alain mikli)は、1978年にフランス・パリで創立したアイウェアブランドです。
当時のフランスでは、眼鏡と言えばやや弱気な印象があり、あまり良くないイメージが広がっておりました。
その事に疑問を抱いたアラン・ミクリは、これまでのメガネの常識を覆す、独特なフレームアート、斬新な色合いを取り入れメガネをファッションアクセサリーとして再定義させた。

常識が変わる

一度は、百貨店などで左右が非対称のアシンメトリーなサングラスや眼鏡をご覧になった事があるのではないでしょうか。
フレームの半分半分が異なるいろで、半分半分がシャープな丸いフレームフォーム、そして尖ったフレームフォーム。
このように他では見かけないデザイン性の高さが話題を呼んでいるアイウエアブランド・アラン ミクリです。
アランミクリの登場により、メガネ・サングラスは「かけるだけのもの」ではなく、「見せるもの」「見られるもの」という新たな要素が加わりました。

アランミクリの歴史

1955年にアランミクリは、アルメニア出身の両親に下にフランス・リヨン郊外で生まれました。
そしてアランミクリは自分自身の核となるものを探す旅に出発し、アルメニアの古典文学を研究するイラストレーターと作家に出会います。
後にその2人は、フランス人のアルバン・ギルモア氏とイヴォン・ベルトレロ氏であることが分かり、この出会いがアランミクリ・コレクションの原点となりました。

1976年にはパリの眼鏡学校を卒業し、メガネ店に勤務する。
アランミクリは、メガネをただの道具として扱われていた従来のデザインに嫌気がさし、1978年に独自でデザインを考えるために独立する。
これまでのメガネ業界の常識を覆し、メガネをファッションとして楽しむ要素を生み出しました。

アランミクリのメガネは芸術的だとよく評価され、どの方向から見ても美しさの表情を楽しめる。
そしてその立体的な独特のフレーム。
他が容易に真似の出来ない色使い。
ファッションをあらゆる角度から堪能できるラランミクリコレクションが出来上がって行きました。

著名人の愛用

アランミクリはその「見られるためのサングラス」というだけあって企業CMでは、SMAPの木村拓哉さん、サッカーの中田英寿さんの愛用が見受けられる。
また、TBS系ドラマ「TAKE FIVE~俺たちは愛を盗めるか~」では、稲垣吾郎さんアランミクリの眼鏡を愛用が見受けられます。

積極性

アランミクリは数々のコレボレーションを行い、イッセイ ミヤケやシル・サンダーとコレクションを発表。
1989年には、アイウェアブランド、RayBan レイバンとの偏光サングラスのコラボレーションも行う。
2000年には、サングラスにCCDカメラを搭載させた「ミクリビジョン」を展開。
2004年にはチタンフレームを使い、アランミクリ チタン (alain mikli TITANE)を展開する。
その生産背景には、大手のメガネフレームメーカー のマツケリー(Mazzucchelli)社との提携にあります。

認定制

アランミクリの取扱店になるためには、厳しい審査があります。
眼鏡の知識・経験それらを審査し「ポケットショップ」という認定をアランミクリから認定される必要があります。
ポケットショップの認定があり、アランミクリを公式 代理店舗として扱えるようになります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事 偏光サングラスとは?8つの利点をガチ解説!

関連記事

ページ上部へ戻る