イエローズプラスの偏光サングラスと歴史

イエローズプラス偏光サングラス
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

イエローズプラスは(YELLOWS PLUS)、日本が誇る眼鏡技術を形にしたアイウェアブランドです。
福井県鯖江市でフレームを制作する事にごだわり、その高い品質でイギリスやフランスといったヨーロッパでの評価も得ております。
取り扱い店舗ではセミオーダースタイルを取り入れ、イエローズプラスの偏光サングラス化オーダーが人気です。

イエローズプラスってどんなブランドなの?
アパレルブランドのデザイン作成やOEM制作に尽力してきた山岸稔明氏が、2001年に立ち上げたブランドです。
イエローズプラスは、先述したように日本の誇る眼鏡の作成技術を最大限に活かしているブランドでもあります。
デザイナーである山岸稔明氏は、機能や素材だけを最優先することによって失われた眼鏡デザインに疑問を持っていました。

そこで、眼鏡の聖地である鯖江市にて失われたフレーム形状のデザインをクラッシックなデザインへと激変させました。
クラシックなデザインを取り入れがたい眼鏡フレームだkがイエローズプラスにかかれば、洗練されたデザインに変わります。
長く愛されてきたフォルムだからこその魅力を存分に引き出しているブランドだと言えます。

良くも悪くもファッションブランドとは流行に左右されたデザインを行ってしまいがちです。
しかし、イエローズプラスでは流行に流されすぎない絶妙なコレクション展開が持ち味です。
そのコレクションの魅力の虜になった、イエローズプラス愛用する芸能人も多くいます。

日本では上戸彩さんのメガネを愛用しております。
海外では、ヨーロッパにて有名ミュージシャンのエルトン・ハーキュリーズ・ジョンさんやポール・ウェラーさんもイエローズプラス愛用者です。

イエローズプラスの特徴とは?
イエローズプラスのアイウェアの特徴は、ともかく無駄がないことです。
シンプルなデザインではあるのですが、それが故にどんなシーンにも合わせることができる特徴があります。
ビジネスからプライベートまで、幅広く使うことができるでしょう。

また、男性だけではなく女性がかけることもできるミドルサイズの商品展開をしているのも特徴の1つです。
近年ではアイウェアブランドメーカーと言えば、大量生産された安価な物を求める傾向があります。
しかしイエローズプラスでは、少量生産で徹底された技術による本格的な眼鏡フレームを作っています。

イエローズプラスの跳ね上げ機能
跳ね上げというと、クリップ形状のサングラスを思いうかげるかと思います。
メガネの上からクリップレンズを付けて、眼鏡に偏光サングラスの機能を持たせるものです。
イエローズプラスでは、フレームそのものが跳ね上がる仕組みになっています。

これは眼鏡をかける人には、絶大な人気となりました。
メガネの人が新聞などを読む際に、めがねを取り外している後景をみたことがあるでしょう。
また、サングラスをする人も屋外のやや暗い場所では外される方も多いです。

これらもワンタッチでレンズ付きフレームが「パカっ」と跳ね上げることができますので、便利という点で支持が生まれました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事 偏光サングラスとは?8つの利点をガチ解説!

関連記事

ページ上部へ戻る