渓流釣りで偏光サングラスは必需品

渓流釣り偏光サングラス
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

渓流釣りは、とても体力と忍耐の必要な釣りのひとつです。
いざ釣りをしようと竿をキャスティングしても、枝に引っかかったり、根掛ってしまったりします。
これらは光の反射で障害物が見え辛くなってしまっているので、渓流釣りで偏光サングラスを利用すると解決します。

偏光サングラスで視界を確保
釣り全般に言えることですが、特に渓流釣りでは偏光サングラスは必要不可欠な存在となります。
渓流釣りでたくさんの魚を釣るためには必ず偏光サングラスを利用するべき、と言えるくらいです。
渓流釣りにおけるコツ、ポイントはどんなことだとみなさんは考えるでしょうか。

多くの方が水面、そして水中をよく観察することだと考えるはずです。
まず、渓流釣りでは魚影をしっかり確認することが大切なポイントになります。
魚影を発見できなければ釣れるものも釣れなくなってしまうからで、渓流釣 りに慣れている方ほど魚影の重要さを理解していると思います。

ここで大きな光の問題が発生
魚影を発見することは決して簡単ではないということです。
水面は日光の反射によってキラキラと光りまぶしく、そのせいで水中を見ることもできなかったりします。
肉眼ではとても魚影を発見できない状況が珍しくないわけです。

その点、偏光サングラスをしていれば光の反射を気にすることなく、自由に水面、水中を見渡すことができます。
それだけ魚影を発見しやすく、常に有利なポイントを見つけることが可能になるのです。
また、水中にある障害物などを見分けられることも大きなメリットになるでしょう。

魚が集まりや すいポイントを見つけるためにもやはり水中をしっかり見ることが重要になります。
このように、渓流釣りではとにかく水中の情報を把握することが求められます。
情報を把握するためには色々な部分を見なければいけませんので偏光サングラスをかけることで見る力を向上させる必要があります。

偏光サングラスを使えば上級者
渓流は場所によっても違いますが、かなり流れの早いところもあります。
こうした流れの早いところではより状況を把握することが難しくなりますので釣りをする側に高いテクニックが求められることになります。
初心者の方にはなかなか難易度が高いと言えるのですが偏光サングラスさえあれば難易度を大きく 下げることが可能です。

釣りは運に任せてするものではありません。
自分の知識やテクニックをフルに活用して魚を釣るものだと言えます。
そのために使えるものは積極的に使うべきで、偏光サングラスはまさにそんな便利なアイテムの1つです。

渓流釣りをより楽しむなら初心者から上級者まで経験を問わず偏光サングラスを活用することが大切ではないでしょうか。
そうすれば釣果もぐっとあがります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事 偏光サングラスとは?8つの利点をガチ解説!

関連記事

ページ上部へ戻る