カイトボード上達のコツは偏光サングラス

カイトボード偏光サングラス
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カイトボードはその名の通り、カイトという凧のような物で風を受けながらその勢いで水の上を走るウォータースポーツです。
海でも湖でも楽しめますが、海でやる事も多いのでカイトサーフィンとも呼ばれています。
厳密には、アクションを重視するカイトボーディングと波乗りを重視するカイトサーフィンに分かれます。
風の強い日には、カイトのみでも水上スキー並のパワーになり、スポーツカイトとして注目されております。

カイトボード上達に必要なアイテム
上級者になると波がある時も上手にカイトの動力を利用しながら、水の上をジャンプしたりトリッキーな技やアクションを披露できるようになります。
しかしボードサーフィン初心者の場合は、少しの波があるだけでも足元が不安定になりバランスを崩してしまします。
コツをつかむまでは、風がなく波もない状態で、練習するのがいいでしょう。
カイトボードの体験施設ではレクチャーもありますので、初挑戦でも安心です。

天気が良い日はマリンスポーツも気持ちよく行えますが、紫外線が強い季節は反射が強いので足元がよく見えない状況になります。
水面から照り返し反射する光と紫外線は目にも負担となりますが、視界を遮り足元や波がよく見えなくなります。
カイトボードを安全に楽しむためにも、波乗りの時に偏光サングラスは用意しておくべきでしょう。

長時間の練習にも最適
カイトボードのように一見難しく見えるウォータースポーツも、コツをつかむと上達も早いのでつい夢中になり長時間海の上で過ごす事も珍しくありません。
偏光サングラスは長時間のカイトボードをする時にも欠かせないアイテムとなります。
スポーツをしている時にサングラスは邪魔になるからと、つけない人もいますが長時間水の上で海面の照り返しを受け続けると目が疲れたとか、目の痛みを感じる事もあります。
太陽光が水に反射するとかなりの光量となるので、目を紫外線・雑光から守るためにもカイトボードの時は、偏光サングラスを使うことをおすすめします。

スポーツ仕様の偏光サングラス
カイトボードのようにやや激しく動き回るスポーツの場合、偏光サングラスはスポーツ仕様の物を選びましょう。ウインドサーフィンやウェイクサーフィンも同様です。

値段はピンキリですが、安全性と使い心地、視界のクリアさを考えた場合は、それなりの品質の物を選んだ方が偏光サングラスの目的をしっかりと果たしてくれます。
特にカイトボードは水面を確認しながらのスポーツなので、水面の状態を常に把握しておく事も大切です。
偏光サングラスを使う事で、反射光を防ぎクリアな視界を確保できれば安心してカイトボードを楽しめます。
当然のことながら、偏光レンズの効果で目への負担も軽減できるため、長時間でも思い切り楽しめるでしょう。

スポーツ仕様の偏光サングラスなら、軽量でフィット感もあり、スポーツをしている時も邪魔になりません。
デザインもスマートな物が多く、専用のストラップを使えば外れる心配もありません。

カイトボードが上達し、偏光サングラス越しに周りの状況を見渡す余裕がでてきたら、My ウインドサーフィン ボードを購入してみても良いでしょう。
ボードデザインが豊富なので、シーンに合わせて使い分けるのも一つの楽しみです。
ボードは、スポーツカイトのショップやボードショップなどの専門店で選ばれる方が良いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事 偏光サングラスとは?8つの利点をガチ解説!

関連記事

ページ上部へ戻る