川釣りで良い視界を確保するには偏光サングラス

川釣り偏光サングラス
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

川釣りは、とても根気のいる釣りです。
とても警戒心が高い川魚が多く、海釣り以上に集中力と状況判断力が必要になります。
川釣り仕掛けのルアー毛針などを利用する方にも、偏光サングラスを活用してより良い視界を保つ事も必要です。

>釣果を出すなら視界の確保を
川釣りをよくするが、思ったような釣果を出せないという方も多いのではないかと思います。
たまたま運が悪かっただけ、魚が少なかった、ポイントが悪かった、さまざまな外的原因が考えられるのですが、こうしたことはすべて視界の悪さが原因になっている可能性があります。

川釣りをするうえで良い視界を確保するということは、それだけ重要なことなのです。
そもそも、釣り全般に言えることですが視界をしっかり確保することはとても大切な要素になります。
視界がはっきりしていればどこに魚がいるのかを確実に見極めることができ、その結果良いポイントを自然に見つけることができます。

釣りというのは決して運頼みでするものではありません。
あくまでも自分で判断をし、自分のテクニックをフルに使って魚を釣るものだと考えます。
そのためにもやはり視界の確保は釣果を出すための大前提と言えるでしょう。

どうやって良い視界を確保するのか
問題はどうやって視界を確保するのかです。
天気が良い日は日光の反射で水面がギラギラしていて水面や水中を見ることが難しいですし、川には流れがありますから波しぶきなどで視界が悪くなることも珍しくありません。

肉眼では難しい川での魚影の見つけ方も、偏光サングラスを活用すれば見えてしまいます。
偏光サングラスなら光の反射などを防いでくれますので視界を簡単に確 保することができ、自分に有利になるポイントもすぐに見つけられます。
サングラス1つで、劇的な変化が起こるわけです。

偏光サングラスで障害物の発見
また、偏光サングラスをすることで水中もはっきり見えるようになりますからこれも大きなメリットになります。
川には深さの違うポイントがいくつもあり、場合によっては大きな石や段差が障害物となることもあります。

不利になる状況を避けるためにもこうしたポイントごとの違いを把握することが必要で、そのためにも偏光サングラスが役立ちます。
釣りをする時に偏光サングラスは使用しないという方もまだまだ多いと思いますが、近年では釣りの経験が長い人、つまり上級者ほど偏光サングラスを上手に活用するようにな っています。

上級者の方はただテクニックがあるだけではないのです。
便利で効果的なアイテムもしっかり利用しながら自分の思い通りの釣果を出しているわけです。
実際、プロの方でも偏光サングラスを利用している方は非常に多く、それが偏光サングラスの効果の高さを証明していると言えるでしょう。
川釣りで魚影を見つけたり良い釣果を出したいなら、まずは偏光サングラスを使ってみるといいでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事 偏光サングラスとは?8つの利点をガチ解説!

関連記事

ページ上部へ戻る