カートレース等のモータースポーツ高記録には偏光サングラス

カート偏光サングラス
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

普通に車を運転している時にも、乱反射光が差し込むと路面が眩しくて見えにくいと感じる事があります。
車に付いている日よけを使っても、雑光により道路標識や信号が眩しくて見えないと事故につながる事もあるので車を運転する時のクリアな視界はとても重要です。
レースとなると雑光によって、コースが見え辛くなるのはとてもイヤな事です。
カートレースでは偏光サングラスをかけると、このような光による悩みを解消させることができます。

カーレースの必需品
モータースポーツの中でもカートレースは、年齢を問わず人気があります。
幼い子供の頃からモータースポーツをしたいという方は、ジュニアカートから初める人が多いです。

カート初心者で趣味として始める場合、カートレース場にてレンタルカートの提供もしておりますのでサーキットカートを購入しなくても楽しむ事ができます。
普通の車では考えられないほどのスピードで速さを競いますが、この場合も視界の確保はとても大切です。

もちろん公道は走らずにカートコース場を走りますが、天候によっては太陽光の乱反射が視界を遮り、走行に支障が出る事もあります。
カーレースといっても種類の違いはありますが、走行中のクリアな視界はスポーツ偏光サングラスがあれば可能になります。

レースの観戦者もしっかりと試合が見えるように、偏光サングラスを着用している人も多いので一度は鈴鹿サーキットのサーキットカート場を見学してみてください。

余計な映り込みをシャットアウトする効果
カーレースで乗る車は普通の乗用車とは違い、ダッシュボードに地図や本を置くという事はありませんが、例えば普通に車に乗っていて、何気なくダッシュボードの上に物を置いてしまうことありますよね。
それがフロントガラスに映り込み前が見えにくくなり、イライラする時があります。

偏光サングラスをかけていれば、こういったガラスへの映り込み(雑光)もシャットアウトが出来ます。
天気の良い日は日差しも強くなりますが、乱反射光により実は目に与えるダメージも大きくなってしまいます。

偏光サングラスは目に害となる光(反射光)を通さないので、目が疲れにくいというのもメリットです。
余計な物が映り込むのを防ぎ、目にも優しいのでカーレースにも偏光サングラスは欠かせません。

ピットインにも安心
例えば走行中に修理や整備が必要になると、途中でピットインする事があります。
こういう時には他の車の邪魔にならないよう、スムーズなピットインをしなければいけません。

1秒を争う世界ですから、正確なハンドルさばきも求められます。
一瞬の太陽光の乱反射で視界を遮ると、思わぬ事故やトラブルにつながるので、レーサーが目的物をしっかりと見ることができる視界は何よりも大切です。

この場合も偏光サングラスをかけていれば、乱反射光がカットされるので視界は常に目的物がしっかりと見えてスムーズなピットインも可能になります。

レーサーにも偏光サングラスの愛用者は多いのですが、タイプを選べば日常使いにも便利です。
フェラーリで大活躍したF1レーサーのジャン・アレジ選手は、ヘルメットのシールドを特注で偏光レンズ仕上げしたのは有名な話です。

特に車に毎日のように乗る人は、ガラスの反射を防ぎ常に視界が良好なので、安全運転にも役立ちます。
一度偏光サングラス使うと、普通のサングラスが見えにくいと感じる事も多いといいます。
驚く程クリアな視界を体験できるので、ぜひ一度偏光サングラスを試してみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事 偏光サングラスとは?8つの利点をガチ解説!

関連記事

ページ上部へ戻る