近代五種競技さまざまなシーンで活躍する偏光サングラス

近代五種競技偏光サングラス
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

近代五種競技はオリンピック種目としても知られていますが、一人でフェンシング、馬術、水泳、射撃、ランニングの5種をこなすとても過酷なスポーツ種目です。
近代五種競技で偏光サングラスを使用して、集中力の低下防止対策をしましょう。

種目ごとに必要とされる偏光サングラス
オリンピックの競技中には紫外線や乱反射光から目を守るために、サングラスを着用する人も多くいます。
天候にもよりますが、競技中は強い日差しが降り注いでもお構いなく進行しますので、どんな種目でもクリアな視界を確保するためにはサングラスが重要となります。
ただしサングラスなら何でもいいというわけにも行きません。

例えば、水泳の時は水の中なのでゴーグルを使いますが、その他種目は太陽の光が乱反射して視界を遮る事もあります。
光の照り返しによって一瞬でも見えにくいと競技にも差し支えますし、転んだりと思わぬ怪我にもつながるのでしっかり有利な視界を確保する事は大切です。
こういう場合の解決策としては光の乱反射を防ぎ、鮮明に見える偏光サングラスがおすすめです。

集中しやすい環境
近代五種競技の中でも射撃は、一瞬の判断が結果に左右しますので雑光が視界を遮るような事はあってはいけません。
照り返しが強い時も、視界を邪魔するので偏光サングラスがあればこれらの問題を防ぐことができます。
競技前は集中する事も大切なので、目から入ってくる余計な物はできる限りカットできるに越したことはありません。
射撃は20発を撃つので、その間集中できているかもどうかも重要な要素です。

最も過酷なコンバインド
近代五種競技ではフェンシング、水泳、馬術はそれぞれ独立して行いますが、射撃とランニングは二種目として挑みます。
一日で全ての競技を行いますが、ランニングと射撃を交互に行うので、体力と集中力が求められます。
どちらかのバランスが悪くてもいけませんし、全体の競技が終了するまでの体力配分なども考えておかないといけません。

射撃はレーザーピストルを使いますので、マラソンをした直後は息も荒くなっており狙いを定めるのに苦労すると言います。
目から入る情報は余計な物が多いほど集中力を妨げます。

紫外線と雑光は目に負担をかけますし、目を疲れさせるので光の対策は万全にしておくべきでしょう。
こういう時太陽の日差しが邪魔をすると、集中力も途切れてしまい十分に実力を発揮できなくなり記録にも影響が及びます。
しかし、偏光サングラスがあれば光の乱反射を防いでくれるので、息をコントロールできれば的も狙いやすくなります。
もちろん他の選手も同じ条件で競技を行いますので、クリアな視界を確保しておくのも賢い選択と言えます。

百獣の王による五輪チャレンジ
陸上競技において、十種競技の元日本チャンピオンであるタレントの武井壮さん。
近代五種競技で武井壮さんがオリンピックを本気で目指すとの事で話題を集めております。
「武井壮と近代五種競技」で調べてみると関連記事がたくさん出て来ますので、気になる方は調べてみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事 偏光サングラスとは?8つの利点をガチ解説!

関連記事

ページ上部へ戻る