コールマンの偏光サングラスと歴史

コールマン偏光サングラス
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

一昔前ではアウトドアは一部の人しか行なっていない趣味でしたが、今では自動車にキャンプ用品を積んで気軽に楽しめる趣味になりました。
そんな日本のアウトドアレジャーを盛りたてた会社がキャンプ用品のブランドで有名な、コールマンジャパン株式会社です。
アウトドアブランドといえば、世界で最も有名な部類に入るでしょう。

コールマンの歴史はランタン
コールマン(Coleman)の持っている会社の歴史は古く、時は1900年頃まで遡ります。
アメリカのオクラホマ州で創業したコールマンは、当事はアウトドア専門店ではなく屋内用のランプ製造を請け負っていました。
コールマンの屋内ランプの性能は高く、徐々に屋外でも使えるランタンの開発に力を入れるようになったのです。

現在でもその技術は、コールマンのランタンやアウトドア用品の基盤として支えています。
Colemanのロゴマークに、ランタンのイラストが入っている理由は当時の製品背景にありました。
時代は少し進み、1919年の第一次世界大戦の終戦がアメリカで起こります。

当時の野外での明かりの確保は、とても重要でした。
コールマンのランタンはアメリカ政府に必需品認定され、アメリカ軍に7万台が納品されます。
アメリカ軍からの発注により大きくランタン生産ラインも成長して、1920年には年間生産量が400倍以上にまでになりました。

アメリカ国内では自動車が国民に普及し、オートキャンプを趣味にする人が増加していきます。
富裕層だけでなく、一般の人にも趣味を楽しめる時間を持つことができ、自動車やアウトドアが一般的になってきたのです。
コールマンはそこに目を向け、キャンプストーブの販売で会社の業績アップを狙い、大ヒットになりました。

米軍需要から生まれたアウトドア製品
コールマンの持つアウトドア用品の実力は、米軍も認めています。
大日世界大戦が始まると、コールマンは米軍から大きな仕事を依頼されます。
劣悪な戦場でも使える調理ストーブが必要だった米軍は、コールマンに白羽の矢を立てたのです。

コールマンの始まりはランタンでありましたが、その技術力でランタン以外の製品が誕生します。
コールマンの技術は第二次大戦後の家庭用調理ストーブにも取り入れられ、ランタンや調理ストーブ以外にもアウトドア全般を手がけるようになっていきました。
アメリカ軍との製品作りによって、コールマンは現在のアウトドア総合ブランドとして認知されるようになります。

今ではランタンを始め、コールマンのテントやチェア、寝袋やテーブルと様々な分野に展開されております。

コールマンの日本誕生
アメリカで、アウトドア総合ブランドとなったコールマン。
1976年になると、その圧倒的なアウトドア製品バリエーションで日本にコールマンが進出します。
当時は、あまりアウトドアやレジャーといった言葉が飛び交うことがなかった日本がコールマンの誕生で激変します。

今ではアウトドアを気軽に楽しめるようになったのも、コールマン製品の影響が大きくあります。
キャンプをするにしろ、夏場に海へ行くにしろコールマン製品抜きにはアイテムがそろえられないほどです。
また、このようなアウトドアやレジャーをより便利にすべく日本のコールマン製品に新たな商品も登場します。

それがコールマンサングラスです。
コールマンサングラスは、ハート光学株式会社がコールマンとライセンス契約し製造しております。
コールマンユーザーにとってもマッチしたサングラスは、大ヒットします。

そして、需要が大きく膨らみより視界が良くなるコールマン偏光サングラスが登場します。
コールマンの偏光サングラスが発売されると、アウトドアだけでなく日常生活やスポーツでの利用が増えまじめ増した。
視界が良くなるコールマン偏光サングラスは、サングラス部門の主軸となるまで成長します。

現在では、コールマンの偏光サングラスは累計数百種類のモデルが登場しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事 偏光サングラスとは?8つの利点をガチ解説!

関連記事

ページ上部へ戻る