エトニアバルセロナの偏光サングラスと歴史

エトニアバルセロナ偏光サングラス
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

エトニアバルセロナ(Etnia Barcelona)は、スペインのバルセロナに2001年発祥のアイウェアブランドです。
その特徴はなんと言っても、優れたカラーにあると言えます。
デザイン重視のメーカーは視界を最優先にしない傾向になりますが、エトニアバルセロナは偏光サングラスをリリースしております。

とてもオシャレだけど視界が悪いという点が無くなり、偏光レンズ越しの良い視界を楽しめることもエトニアバルセロナ偏光サングラスの特徴です。
もともとアートや写真、芸術の世界観を融合したデザインが特徴的です。

そのカラーデザインには定評があり、500種類以上のカラーパターンで眼鏡フレームを作っているのです。
製品の品質にもこだわりをもっており、フレームの素材は環境面を考え100%リサイクル可能な有機的な素材が使われています。

エトニアバルセロナの歴史って?
1950年代から世界中にエトニアバルセロナの偏光サングラスに注目が集まりました。
プロダクトチームにフランス人のアーティストであるイヴ・クライン氏が用いたことで、インターナショナル・クライン・ブルーという色が誕生します。
透き通るようなブルーが特徴的です。

エトニアバルセロナでは、このインターナショナル・クライン・ブルーを用いられたコレクションが有名です。
青系のサングラスを探している人にとっては、ともかく1度は試して欲しいと言われるほどの美しい色合いです。
そのフレームの作りだけ芸術的なのではなく、レンズの色にも素晴らしいものがあります。

視界ひとつにしても、「美」を表現するブランドであるため偏光レンズは必須としております。
そして、レンズの色にも芸術的なフレームを生かす色合いにデザインされております。
見た目の美しさでけではなく、エトニアバルセロナの偏光サングラスは視界も美しいのでオススメです。

エトニアバルセロナの特徴は?
エトニアバルセロナのアイウェアは、他にも著名なアーティストがデザインを手がけております。
ナショナル・ジオグラフィックにて有名なスティーブ・マッカリー氏などが知られています。
非常にカラフルで他にはないアイウェアを探しているという人には、エトニアバルセロナはお勧めだと言えるでしょう。

比較的に新しいブランドだとはいえますが、そのコンセプトなどが際立っており美しいです。
まさに総合美が表現されたアイウェアです。

日本人ではアラーキーがデザイン
実は、エトニアバルセロナには私たちも良く知る「アラーキー」こと、写真家の荒木経惟氏がデザインを担当したコレクションもあります。
テレビで福山雅治さんの結婚ショックが話題となております。
この結婚に早くから結ばれる事を察していた人物が、荒木経惟氏です。

福山雅治さんが吹石一恵さんの写真を高校卒業式用として撮影する企画がありました。
その企画で、荒木経惟氏が福山さんに写真を教え、吹石さんの写真を撮っていました。
アラーキー写真の魂を伝授した福山さんは、吹石さんと良いムードだっとそうだと荒木経惟氏は語っております。

話がそれましたが、荒木経惟氏の芸術的センスを取り入れたエトニアバルセロナを一度ご覧になってはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事 偏光サングラスとは?8つの利点をガチ解説!

関連記事

ページ上部へ戻る