ウェイクボードを楽しむなら偏光サングラス

ウェイクボード偏光サングラス
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ウェイクボードとは、アメリカ発祥の水上スポーツです。
当初は『サーフボードをボートで引っ張るとどうなるか』といった疑問から誕生しました。
現在でウエイクボードは、スポーツボードの中でも高い人気を集めるマリンスポーツとして認知されております。
また、波をよみ海面状態を把握するためには偏光サングラスをかけると効果的です。

ウェイクボードにおける偏光サングラスの重要性
ウェイクボードをする時には、海面の状態を正確に把握する必要があります。
そこで、役立つアイテムとして偏光サングラスがあげられます。
偏光サングラスは、特殊な偏光レンズが搭載されており、乱反射する光をシャットアウトした視界に偏光してくれます。
つまり、海面での照り返しが軽減され、波の状態が正確に分かりやすくなります。

一般的なサングラスは紫外線から目を守るのみですが、偏光サングラスの場合は紫外線対策にプラスαとして雑光がカットされ、より安全にウェイクボードを楽しむためにも必要なアイテムとなります。

ウェイクボードは海や湖でも楽しめるウォータースポーツの一種ですが、モーターボートで引っ張り加速を付け、水面を専用ボードで滑るというスピード感溢れるものです。

水上スキーはスキー板のよう2本の板を使いますが、ウェイクボードはスノーボードのように1枚の板です。
水の上で楽しむスノーボードとイメージするとわかりやすいと思います。
水面というのは、想像以上に日光の照り返しが強いので、それを裸眼で見てしまうと目に刺激となり負担をかけてしまいます。

特に紫外線が強い季節はウェイクボードのシーズンと重なり、その分照り返しが強く足元がよく見えなくなる危険性もあります。
偏光サングラスは水面からの乱反射による雑光をブロックしてくれるので、裸眼よりもクリアな視界を確保させることが出来ます。

当然ですが、安全のためウェイクボードの際にはライフジャケットを必ず着用してください。

ウェイクボードの体験とアクション
ウェイクボード初心者の方は、ウェイクボードショップでしっかり用意するのではなく体験をおすすめします。
ウエイク用品を一式そろえると、それなりの費用がかかります。
ですので初めは、ウェイクボード体験施設で、ウェイクボードのセットをレンタルしましょう。

初心者の方は、ボード関する知識もプロに比べ乏しい部分があるのでコーチングしてくれる体験施設をおすすめします。
沖縄やグアムのウェイクボード体験施設は、安いうえに評判が良いです。
現地のウェイクボードプロが、バランス取りから憧れのウェイクボードジャンプまで丁寧に教えてくれます。

ウェイクボードの予備知識を把握するには、文章の説明を読むより目で見る方が理解しやすいのでウェイクボードのDVDなどを見てみるのも良いでしょう。

ボードのビンディング角度はどう調節するか
ウェイクボードをはじめた方の疑問点として、ウェイクボードのビンディング取り付けや選び方、またはビンディング角度のセッティング問題が出てくると思います。

これらは個人差がとてもありますので、何度も自分で調節して自分が一番しっくりとくる位置に固定しましょう。
また、それすらもよくわからないという方は、ウェイクボード上級者の方に調節してもらうのが良いかと思います。

沖縄旅行でウェイクボード体験をしてみたいという方は、プロ指導ありでウエイクボード成功率9割以上の実績がある「北谷」や「恩納村」がおすすめです。

日本唯一のウェイクパーク
ウェイクボードをするには、通常ジェットスキー・マリンジェットやプレジャーボートを用意する必要があります。
しかし、無人でウェイクボードを引いてくれるケーブルシステム設備が搭載されているマリンパークがあります。こちらのことをウェイクパークと呼びます。

フィリピンやタイなどでウエイクボードを体験されたことのある方なら、おわかりいただけるでしょう。
実はここ日本に唯一、兵庫県西宮市にそのウェイクパークが存在します。
水上バイクやプレージャーボートのレンタルも必要なく、ウェイクパーク利用料金のみでウェイクボードが体験できるので格安です。

ウェイクボード中級者以上の方には、ウェイクパークはおすすめスポットです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事 偏光サングラスとは?8つの利点をガチ解説!

関連記事

ページ上部へ戻る