登山・ハイキングで感激する視界を偏光サングラスが実現します

登山偏光サングラス
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

近年、登山は中高年層にブームが到来しており、尾根歩き登山がスポーツとして人気を高めております。
山に登ることで体感する感激やリラックスを楽しみ、また健康のために取り組まれている方も多いです。
登山と言っても様々な種類があり、登山の基礎である尾根歩き、雪山や岩を登る事を目的とするアルパイン・クライミング、谷や渓流沿いに下流から登る沢登り、時間を競うスポーツ競技登山などの登山種類があります。

登山初心者の方は、インストラクターやガイドが一緒に同行してくれるガイド登山を利用すると安心です。
また、特に雪山登山は偏光サングラスで強い光の照り返しを防ぐことが必要です。

登山に必要な10個の道具
登山を始めるにあたり計画を立てそれをしっかりと守ることはもちろんですが、道具の準備も万全にしましょう。
登山初心者の方が服装でよく悩まれると聞きます。
自己判断で選ばずに登山やハイキングショップで、「登山靴」のおすすめを聞いて選ぶようにしてください。

続いて、山の天候は変わりやすいので「雨具」と「防寒着」が必要です。
そして「ザック」「地図」「食糧」「調理器具」と続き、「ストック」と「テント装備」はしっかりと持ち合せておきたい道具です。

これで9個の登山道具をご紹介してきましたが、最後に落石やそのほかの落下物の発見やいち早い気付きに役立つ偏光サングラスを用意していると安心です。

どんな山でも偏光サングラスは必要不可欠
登山やハイキングと言っても、なだらかな場所、低い山、高い山、春夏秋冬、とシーンは様々です。
ではどんなときに偏光サングラスはあったほうがいいのかというと、どの場合であっても偏光サングラスはないに越したことはありません。

ハイキングや登山は基本的に体力を大きく使います。
体力がなくなってくると集中力が失われ、太陽光の照り返しで見えづらい山道では対象物を瞬時に把握できなくなり、根に躓いて転んでしまうと言うこともあります。
そんな時、偏光サングラスを着用していると反射光(雑光)がカットされた視界になるため、このようなイヤな場面が激減します。
なぜなら、山道の地面からの照り返しがほぼなくなるためです。

また、山での強風時にも偏光サングラスが目を保護してくれますので、ほこりや塵、枝や枯葉などが目に入ってしまうトラブルからも回避できます。
これは多くの経験者が言うことであり、偏光サングラスをかけていて助かった、と言う声はたくさん報告されております。
登山の際に帽子を必要とする方は、帽子に着用できる偏光レンズもありますのでそちらのタイプもおすすめです。

標高の高い山では紫外線対策にもなる偏光レンズ
標高の高い山で心配されるのは、紫外線の悩みです。
特に最近はやっている富士山登山ツアーなどの場合、直射日光が当たりやすくなりますから、紫外線対策は必要不可欠です。
目に日焼け止めやUVカットクリームを塗ることはできませんから、このとき役立つものも偏光サングラスです。
絶景を楽しみたいという場合は、偏光サングラスの超視界はとても役立つアイテムとなります。
登山中、偏光レンズ越しの視界で長時間過ごしていると目への疲れが当然激減しますので、頂上で絶景を楽しみたい方は偏光サングラスの着用は必須です。

登山プロも偏光サングラスを重視
偏光サングラスには様々なタイプがありますが、最近の登山ブームから登山用に対応している偏光サングラスがたくさんあります。
たとえば80歳でエベレスト登頂を実現した三浦雄一郎さんが愛用している偏光サングラスはTALEXです。
偏光サングラスは視界を良好にし、障害物を見分ける、地面の凹凸を見つけられるようにできています。
偏光サングラスを選ぶ際は、正面だけではなくサイドからの紫外線もカットできるタイプを選ぶと良いですね。

スポーツサングラス以外では、登山用のウエアの選び方などが気になる点かと思います。
登山ウェアは、ブランドや人気のみで判断せずにプロや専門ショップに相談しながら選ばれる事が大切です。
登山初心者の方へおすすめできるものを状況に応じて、プロ意見を聞くことができます。

登山用のズボンの素材は、防水効果のあるポリエステル製ゴアテックス製品が機能的にも良いとされております。

最近では、富士山登山のツアーを元旦に合わせて申し込む人がいるほど登山ブームです。
富士山登山は、初心者に優しいルートもありますがトレーニングと体力が必要です。
日帰りツアーだからといって、トレーニングをせずに申し込んでしまうと辛い状況に陥ってしまう場合が多いので基礎体力作りが完成してからの挑戦をおすすめします。

屋久島の登山は冬が絶景
屋久島登山を冬の季節にチャレンジする方が増加傾向にあります。
その理由ですが、雪面の景色やコケ類の美しい時期であるためです。
また、柑橘類のポンカンやタンカンも屋久島では季節となっており雪景色に実る果物がいっそう綺麗に見えます。

屋久島登山を冬場にする場合は、服装もしっかりとした防寒対策のもので用意してください。
特に冬は登山をする観光客が著しく少ないため、命を繋ぐ大切な屋久島登山届けを必ず提出しましょう。
屋久島の登山に要する時間は、登山ガイドにも記載さてれいるのでコースガイドも持参しましょう。

冬の屋久島は、神秘的な景色が美しく人気もありますが危険も伴うので登山の経験を積んでからのチャレンジをおすすめします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事 偏光サングラスとは?8つの利点をガチ解説!

関連記事

ページ上部へ戻る