アンダーアーマーの偏光サングラス

アンダーアーマー偏光サングラス
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アンダーアーマー(Under Armour)は、アメリカで誕生したスポーツウェアのメーカーです。
もともとアメリカンフットボールの選手であったケビン・ブランク氏によって立ち上げられたブランドになります。
ケビン氏が祖母の家で完成させた1枚のシャツが、アンダーアーマーの始まりになったと言われています。
現在では、アイウェアの部門も誕生してアンダーアーマーの偏光サングラスのバリエーションも増えてきました。

アンダーアーマーの歴史って?
今や世界的なスポーツウェアのブランドにも数えられるアンダーアーマー。
始まりは1996年、ジョージタウンの祖母の地下室でのスポーツウェア開発実験からです。
ブランド設立当初は、ナイキを初めとした巨大企業を業界を独占していた状態だったと言ってよいでしょう。

そうした中、アンダーアーマーは他社では販売していなかった身体にピッタリとフィットする素材で作られたウェアを販売します。
そのブランドテーマを「セカンドスキン」、つまり第二の皮膚のように体にしっかりと密着することを大切にしています。
アンダーアーマーの名は、アスリートが闘うためにユニフォームの下に着用する鎧というコンセプトから来ています。

その名の通り、フィットする素材と汗が残らない生地が好評を呼びこのウェアはスポーツ業界でまたたく間に取り入れられました。
アンダーアーマーの名は、わずか10年あまりで一躍有名になっていくのです。
各社ともにこぞって、アンダーアーマーが開発したウェアの類似商品を販売したことがその勢いを物語っています。

日本でのアンダーアーマー
日本でもアンダーアーマーの知名度は高く、利用している人も多いです。
日本でも広まりは、株式会社ドーム代表取締の役安田秀一氏の功績が大きいでしょう。
彼も、アンダーアーマー創業者のケビン氏と同じく、アメリカンフットボール選手でした。

1998年ヨーロッパで、アメフトのコーチを務めていたころに初めて安田氏はアンダーアーマーと出会いました。
見たことも無いデザインに興味をいだき、その機能性と重要性を瞬時に理解しアンダーアーマーを日本へ伝える使命感を持つことになります。
現在ではアンダーアーマー店舗数9店舗という安田氏の活躍もあり、日本での名前も大きく広がりました。

野球の世界でもアンダーアーマーを使っていない人はいない、と言えるほどの注目ぶりでしょう。
2014年にはプロ野球の読売巨人軍とパートナーシップ契約を結んでおり、さらに今後も広がっていくことが予想されます。
もともとはアメリカンフットボールから生まれたブランドではあるのですが、その機能性の高さは折り紙つきであり、様々な分野において活躍するメーカーです。

パフォーマンスアパレル
アンダーアーマーは、スポーツウェアだけでなく現在はその開発分野も多くなっております。
スポーツウェアからはじまり、グローブやソックス、そしてニット帽やバッグにまで展開されております。
さらに近年では、アイウェアの分野も追加されスポーツ偏光サングラスがリリースされました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事 偏光サングラスとは?8つの利点をガチ解説!

関連記事

ページ上部へ戻る