イーグルアイズの偏光サングラスと歴史

イーグルアイズ偏光サングラス
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

イーグルアイズ(Eagle Eyes)は、NASAの研究を活かしたアイウェアブランドです。
宇宙光線にはとても有害な物質などが含まれており、それらから目を守るテクノロジーを持ち合わせたサングラスです。
イーグル・アイズでは、国際特許トライニュームゴールドレンズが搭載された偏光サングラスが注目です。

トライニュームゴールドレンズって?
イーグルアイズ独特のグレア防護偏光フィルター加工をして、紫外線カットはもちろんのこと475nm内のスペクトラムにレンズスペックをあわせています。
眼に有害なブルーライトをカットすることで、対象物が際立ち、鮮明な視界を得られます。
目を有害な放射線から保護するというNASAの宇宙技術を活用することで作られたイーグルアイズは、これ以上ない紫外線レンズ性能を持っていると言えるでしょう。

イーグルアイズのコンセプトは、アイケアを見据える。
まさに人類の知恵と苦悩の結晶となりファッション方面のサングラスカテゴリの外にあたるスペースサングラスアイケアカテゴリーに属します。

イーグルアイの歴史って?
そもそも企業というのは事業収益を目的とした製品の開発を行うものです。
しかし、イーグルアイズでは出発点が異なっており、事業収益をあげるためにアイウェアを開発したワケではありません。
NASAが行っている宇宙推進プログラムというものがあり、その中で宇宙空間での紫外線対策の課題がありました。

この紫外線対策に対して、1つの答えとしてできたものがイーグルアイの製品です。
サングラスというアイウェアブランドでありながらも、イーグルアイはアイケアの商品であるという特徴をもちあわせています。
レンズのみならず、宇宙ステーション施設の窓に使用される素材としても利用されております。

イーグルアイズの技術
イーグルアイズの視界は、まさしくイーグルつまり鷹の持つ機能だと言えます。
NASA研究者たちが注目した「猛禽類の鷹の目」。
その目は、とてつもない高度から地上をハッキリと映し出して獲物を捕獲する。

タカの目をヒントにサングラスレンズに転用したことが、イーグルアイの最大の技術特徴です。
しかし、凄まじい高度から紫外線を受けても目を傷めずに鮮明な視界を実現する眼球構造が謎のままでした。
そこで猛禽類の涙に注目がいきました。

猛禽類は、はるか大空から獲物を見つけるために「アイドロップ」と呼ばれるオイルを涙として流します。
これは、眼のオイル被膜となり偏光サングラスでいうレンズにあたります。
その猛禽類の涙を研究することにより、眼の謎が解き明かされて偏光サングラスレンズ開発の実現にいたったわけであります。

まさにブランド名通りの歴史背景がある、鷹の目のサングラスといえます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事 偏光サングラスとは?8つの利点をガチ解説!

関連記事

ページ上部へ戻る