ツーリングを3倍楽しめる!超視界を実現する偏光サングラス

ツーリング偏光サングラス
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バイクツーリングでは目の保護や抵抗をなくす目的で、ヘルメットに風防シールドを取り付けているという方も中にはいらっしゃるかと思います。
一番の目的であろう、目の保護や風の抵抗に関しては風防を付ける事によりしっかりとシールド効果を果たせているかと思いますが、風防に角度によっては照り返しによる路面のギラツキで視界が悪くなり少し見づらいという印象を受けている方もいるのではないでしょうか。

こうしたちょっとイヤな問題点の解決アイテムとして、偏光サングラスが非常に効果が高い事をあなたはご存知でしょうか。
ツーリングをするなら、偏光レンズの視界なしには楽しめないというくらい視界が大きく変わります。

風防への照り返しを抑制
バイカーの方の多くは、偏光サングラスに対してほとんど知識をお持ちで無いかと思います。
偏光サングラスは主に釣りやスポーツで使われるサングラスで、特殊な偏光レンズにて光の乱反射光をカットすることができます。
つまり、路面の照り返しによって見えづらくなるセンターラインやギラツキによって道路標識が見えづらくなる現象を偏光サングラスが解説してくれます。

これらの理由により偏光レンズの視界は、より鮮明でクリアなのでツーリングを楽しむ事が出来ます。
特に偏光レンズでは緑が鮮やかに映し出されるので、海山川の景色が激変し超視界を実現します。

ツーリング時のヒヤヒヤも軽減
しかも、バイクに乗る際に偏光サングラスを掛けるメリットはそれだけではありません。
例えば、あなたがバイクに乗っていてふと恐いな、と感じる瞬間の一つに、明るい道から暗いトンネルに入った時というのがあるかと思います。
突然暗くなるので、人間の目の反射条件として一瞬では対応できず、真っ暗な中を走るという事になります。

道が平坦であれば大きな問題はありませんが、出来ればどうにかしたいと感じる方も多いのではないでしょうか。
そうした対策として、偏光サングラスは最適です。
偏光サングラスを掛けていればそうした光の変化に強いですから、視界を奪われる事無く走り続ける事が可能です。

これがもし、通常のサングラスやフルフェイスヘルメットの鏡面であれば、より真っ暗になってしまいますからとても怖さを感じるでしょう。
かと言って、サングラスをしていなかったり、色なしの鏡面のヘルメットなどを着用していた場合、今度は明るい場所で日差しのまぶしさを強く感じるという危険が生じます。
偏光サングラスなら、通常のサングラスとしての機能も備えていますから、暗い場所もまぶしい場所も、どちらでも快適なツーリングが行えるというのが大きなメリットです。

加えて、普段バイクに乗っている時に、太陽の反射でスピードメーターやタコメーターが見づらいというケースはよくあるのでは無いかと思います。
また、ハンドルにスマホホルダーなどを取り付けて、ナビ代わりにスマホを使っている様な方でも、太陽の反射でスマホが見えないといった時も、偏光サングラスを着用していれば何一つ問題なくメーターや画面を確認出来て安心です。

サングラスをツーリング使用するなら、偏光レンズ搭載しているものを選びましょう。
ツーリングに活用すれば、ヘルメットが一瞬で偏光サングラスの視界に早変わりですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事 偏光サングラスとは?8つの利点をガチ解説!

関連記事

ページ上部へ戻る