馬術・ポロ・犬ぞりレース!偏光サングラスで有利な視界を確保

ポロ偏光サングラス
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

馬術やポロ、犬ぞりレースも伝統あるスポーツとして世界各国で大会なども行われています。
馬や犬と一体となり取り組むので、コントロールしたり指示を出す人が常に冷静な判断を求められます。
また、乗馬時には偏光サングラスの活用でより安全かつ楽しい時間を過ごせます。

視界確保の重要性
馬術やポロは馬との相性も大切ですが、常に周囲を見回し状況を確認するのも大切です。
これは犬ぞりレースにも同じ事が言えます。
障害物を飛び越えるのが馬術競技ですが、選手の力量よりも馬との相性と信頼関係も大きく影響します。

馬に乗る人の精神状態を馬は敏感に察知しますので、常に周囲を見回し冷静な判断をしなければいけません。
このためにも視界の確保は重要なので、光の乱反射を防ぐ偏光サングラスが役立ちます。
楽しむという意味では、乗馬時の服装だけを考えるよ良いと思います。

ここ最近では学生の馬術への関心が高く、馬術部のある大学も多く存在します。
有名所は、早稲田大学馬術部、日本大学馬術部、金沢大学馬術部、京都産業大学馬術部、神戸大学馬術部などがあげられます。

ポロというスポーツ
ポロはイギリス発祥のスポーツとしても有名ですが、日本ではあまり一般的ではないので試合は海外で行われることが多いようです。
海外ではポロ競技の知名度は高く、ポロをモチーフにしたファッションブランドも多いです。
あのラルフローレンもその1つで、ロゴマークにポロをイメージしております。
「ラルフローレン ポロシャツ」といえば、しっくりとくると思います。

ポロは馬に乗りながら専用のスティックで球を打ち合う競技ですが、球を打つ瞬間、チームメイトの位置や玉運びなど、視界の確保はポロでも重要です。
自分の足で走るのではなく、馬も同時に乗りこなさなくてはいけないので、視界を遮る光が邪魔になる事もあります。
こういう場合も偏光サングラスがあると安心です。

意外と強い雪の反射
犬ぞりレースは雪の上で行います。
紫外線が強いのは夏だけというイメージもありますが、実は雪が降っている時も紫外線は降り注いでいますし、白い雪に反射した紫外線は目にも刺激となります。

また雪への照り返しで、日焼けをしてしまうので反射から目や肌を守るのも大切な事です。
犬ぞりレースは決まったコースを走る場合でも、自然の中を滑走するので時には障害物などもあります。
それをうまく避けながら、犬をコントロールして速さを競いますので、クリアな視界は欠かせない条件です。

偏光サングラスは普通のサングラスよりも、目に害となる光を通さず、光の乱反射も防ぐので見え方が全く違います。
裸眼では眩しくて目を細めてしまうような場合も、偏光サングラスをしていれば視界を遮らないので、瞬時な判断が必要な場合も心強い味方となってくれます。

余計な光はカットしますが、他はとても鮮明に見えるので犬たちの状態を確認しやすくなります。
偏光サングラスは様々なスポーツにも使われていますので、軽量で競技の邪魔にならないタイプなども出ています。
犬ぞりレースの場合はサングラスタイプだとずれたり、途中で外れてしまう可能性もあるのでストラップやゴーグルタイプもおすすめです。

レース競技以外では、北海道にて「犬ぞりツアー」や「犬ぞり体験」などのアミューズメントがファミリー層に人気です。
体験施設は、「富良野 犬ぞり体験」もしくは「旭川 犬ぞり体験」で調べると詳細が確認できます。
犬ぞりに適した犬種は、主にハスキー犬です。
ハスキー犬の中でも、シベリアン・ハスキーやカナディアン・イヌイット・ハスキなどの犬種はご存知の方も多いのではないでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事 偏光サングラスとは?8つの利点をガチ解説!

関連記事

ページ上部へ戻る