ボディボードとスポーツ偏光サングラスで海を楽しむ

ボディボード偏光サングラス
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ボディボードとはトム・モーレー氏によって比較的容易に波乗りスポーツボードにチャレンジできないかという疑問から開発され誕生したスポーツです。
ボード自体はサーフボードのような舵を切る構造でないため、上半身をボディボードに乗せて体重移動によるボード操作をして波に乗ります。
サーフボードと比べ大きなボードではないので、推進力が強くなく、足にフィンを付けて行う特徴がボディボードにはあります。

若い女性に大人気のマリンスポーツ
ボディボードはサーフィンとは違いますが、同じ波の上で行うスポーツに変わりありません。
誕生は1970年ですからまだ歴史もそれほど古くないスポーツです。
またサーフィンと違い、女性にも受け入れられやすいスポーツでしたので、10代から20代の若い女性を中心に広まり、現在も日本でおよそ80万人いる競技人口のうち、およそ8割は女性だといわれています。

そんなボディボード、「海の上で楽しむウォータースポーツ」ということを考えると、気になるのが肌の日焼けやシミの問題。
波からの照り返しによって目に直接紫外線が入ってしまうと、日焼けの促進になり、目は疲れやすくなりますし、微熱のような感覚に襲われます。

これらの対策として、偏光サングラスを利用することが最も望ましいでしょう。
海面からの様々な角度に放射された光をカットしてくれ、日焼け促進が解消されます。
目の前面だけを覆うのではなく、できれば顔にしっかり密着し、フレームの隙間から入る紫外線もカットできるタイプが望ましいでしょう。

スポーツ偏光タイプを選ぼう
サーフィンをする人にも共通することなのですが、ボディボードも波しぶきなどで偏光サングラスがずれてしまう可能性があります。
ですから偏光サングラスを選ぶときには頭、鼻にしっかりフィットし、ずれないタイプを選ぶと良いでしょう。
サスペンションボールドがしっかりしており、バネ丁番が十分に備わっているフレームであれば、鼻あてもずれにくく、頭にしっかりホールドします。
中にはめがねタイプではなく、ゴーグルタイプのスポーツ偏光サングラスもありますので、お好みをチェックしてみるといいでしょう。

デザイン性にもこだわりたい
ボディボードを楽しむ女性が多いということから、お洒落にもこだわりたいと言う方も多きことでしょう。
そんな方には、UVカットレンズ、対振動制を兼ね備えたお洒落なタイプの偏光サングラスもおすすめです。
フレームの色というと、ブラックを思い浮かべる方が多いでしょうが、偏光サングラスの中にはレッドやアニマル柄など、様々なタイプのフレームもありますので、あなたの好みに合わせて選んでみると良いでしょう。
あなたに最適な偏光サングラスを選んで、ボディボーディングを楽しんでみてください。

WEBで理解するボディーボード
多くの女性が注目するボディボードですが、比較的チャレンジしやすいスポーツとはいえ、ちゃんとできるか心配な方もいるでしょう。
ボディボードが初心者の方はWEB動画で、イメージを掴むと良いでしょう。

今ではユーチューブなどで、ボディボード初心者のための用具セットの解説やボディボードのフィンの選び方などが解説されておりますので参考になります。
また、ボディボードのプロがボディボード体験やレッスンもしているのでそちらを利用されるのもおすすめです。
プロボディーボーダーあやこさんのブログなどで、ボディボードの事について詳しく綴られておりますので参考にされてみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事 偏光サングラスとは?8つの利点をガチ解説!

関連記事

ページ上部へ戻る