セーリング時の海面照り返しを解消する偏光サングラス

セーリング偏光サングラス
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

セーリングは風の力だけを利用しながら、帆の表面を使って水上を走るスポーツ競技です。
マリンスポーツとしてオリンピック種目にも採用されているセーリングですが、実は様々な種目があり、しかも気象条件や地理的条件によって競技が左右されると手も不安定な競技でもあります。

潮の流れや波の状態を正確に把握する必要があるため、海面のぎらつきが悩ましいところです。
しかしセーリング時に偏光サングラスを持参していると、これらの光問題の対策になります。

海の上を颯爽と走るセーリング
そんなセーリング、実は1日中海上にいることになりますので、海からの照り返し光と紫外線をカットしてくれる偏光サングラスが必要となります。
太陽光は海面の照り返しによって四方八方ランダムに照り返され、目に雑光と紫外線を届けてしまいます。
すると目の疲労感が大きくなってしまったり、痛くなってしまったりすることも稀にあります。
また、目から侵入した紫外線は肌の日焼けを呼び寄せます。

さらに数年後、十数年後、何十年後かの将来、網膜はく離や白内障と言った病気を引き起こす危険性もあります。
ですから偏光サングラスの着用で、乱反射された光と紫外線を防ぐことが目への健康条件となるのです。
これらの紫外線と雑光をカットするために、偏光レンズをヨットでは必須となるわけです。
今は目の周りをしっかりと覆うことができる偏光サングラスがあります。
レンズの隙間から入り込む反射光と紫外線もしっかりとカバーできるタイプの偏光サングラスを探して見るといいでしょう。

意外にアクティブなセーリング
セーリングは帆を操作するのが競技内容となりますから、一見簡単そうに思えますが、実は風を読まなければならない、帆を動かさなければならないなど、体力が必要となります。
すると当然汗をかきますので、汗で偏光サングラスがずれてしまう恐れがあります。
偏光サングラスがずれないよう、鼻あてと頭の部分がしっかりとフィットする偏光サングラスを選ぶようにしたいものです。
ゴーグルタイプであれば、あまりずれが生じませんので、検討してみるのも良いでしょう。

カタマランヨット(セーリングクルーザー) の普及に伴い、ラフな服装つまりセーリングジャケットを着用しない方も増えてきているようですがボードセーリングでは必ずライフジャケット等を着用してください。

レーサーが勧めるシューティングレッド
鹿屋体育大学の安田真之助氏によると、1日中海の上にいるため、天候によって偏光サングラスを換えることが難しいものの、天候不順の状態に対応できるようなものが見つけられなかったといいます。
そこで安田氏が天候に左右されず操作に集中できるとしているのが、シューティングレッド(レッド系レンズ)です。
晴れた日の海面もしっかりと見ることができますし、レース運びも今まで以上にスムーズにできるようになったということです。

レッド系偏光レンズを使用した場合、浅瀬であれば水底まで見えるくらいの超視界であり、究極のカラーコントラスト性能を持っているとされています。
と言うのもこのシューティングレッドには、偏光膜のベースにブラウンを採用し、そこに赤や黄を組み合わせているからです。
赤系レンズはそのときの動きによって見られるものをはっきりと映しだします。
ですからどのような天候であっても、視界は良好となるのです。
こうした情報から、セーリング用の偏光サングラスを探してみてはいかがでしょうか。

世界最高峰のヨットレース
国際ヨットレースとして最も有名なレースが「アメリカスカップ」です。
アメリカズカップは、1851年にイギリスのワイト島一周レースとして開催されました。
当時アメリカが自国イギリスに圧倒的な差で大勝利したことに対して、レース観戦をしていたヴィクトリア女王が敬意を表しアメリカへカップを与えたことから「アメリカスカップ」と名付けられました。

アメリカ艇がビクトリア女王からカップを得てからの150年間という間、アメリカスカップでアメリカ以外にカップが渡った事がない伝説を残しております。
近年になりオーストラリア、そしてニュージーランドにカップがわたりました。

アメリカスカップ予選は、ルイ・ヴィトン
実はこのアメリカスカップ、誰でも参加できるわけではありません。
冠スポンサーである、ルイヴィトンが主催するヨットレース予選「ルイ・ヴィトンカップ」で勝ち残ったチームがアメリカスカップへ進めます。
予選とはいえ、全世界が注目するレースですので盛大に盛り上がる大会です。

アメリカスカップポスターと天保山ギャラリー
アメリカズカップのポスターをご覧になった方は、多いでしょう。
なの何とも落ち着くパステルカラーのヨット風景。

世界的にも有名な海洋画家キース・レイノルズさんが、ポスターを手掛けております。
アメリカスカップ公認のアーティストですが、その日本・アジア総販売代理店が大阪の天保山ギャラリーです。
毎年、キースレイノルズ原画展が開かれておりますので、ぜひ天保山マーケットプレイスへ足を運んでみてください。

天保山ギャラリーは、「尾田栄一郎 ONE PIECE展」関西展示会を手掛けた有名ギャラリーです。
ワンピース展とキースさんの絵画が同時に鑑賞できて素晴らしいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事 偏光サングラスとは?8つの利点をガチ解説!

関連記事

ページ上部へ戻る