アドベンチャーレースの疲れを軽減する偏光サングラス

アドベンチャーレース偏光サングラス
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アドベンチャーレースとは、海山川などの自然環境をフィールドとし1チームあたり3~6名の男女混合構成のもと様々なアウトドアスポーツ競技をこなしながらゴールを目指すレースです。
世界大会などではスタートからゴールまでの制限時間を3~10日、時間そして競技距離が比較的長めです。
日本国内大会では、一般的に1~3日のレースが多く開催されております。

アドベンチャー・レース競技の具体的な内容ですが、オリエンテーリング要素を伴うトレッキング、ラン、マウンテンバイク、クライミング、パドリング、ラフティング、そしてロープワークなどが総合的に組み合わさった持久力と知恵や経験を必要とする動力不可の耐久レースとなっております。

アルプス山脈を横断する
また、世界でもっとも過酷なアドベンチャーレースのひとつに「Red Bull X-Alps」があります。
レッドブル・エックス-アルプスは、動力は一切使用しないで地上をランニング、空中をパラセリングでオーストリアのザルツブルク市内からモナコ公国のモンテカルロ沖合までの険しいアルプス山脈フィールド上「864km(直線距離)」を14日間の制限時間で踏破するスポーツレース競技です。

大自然と仲間に感動できる
アドベンシャーレースのコースは人工的なものではなく、大自然そのものであるため時に美しく優しさに包まれ、時に険しく過酷な環境に直面します。
そのため想定外の出来事に出くわした時、仲間とのチームワークそして臨機応変な対処が求められます。
これらを含めアドベンチャーレースを体験すると人間性の向上、生きるという意味の再確認ができごくごく平凡な生活に感動できると経験者は言います。

太陽光による体力の消耗対策
アドベンチャーレースは、一時的なスポーツ競技ではなく長時間にわたり太陽光を浴びることになります。
紫外線と太陽光の乱反射で疲労がたまることも心配ですが、最も気になる点がギラツキが原因で見えづらくなる視界です。
特にアドベンチャーレースは瞬間的な判断が試されるスポーツですので、余計な反射光をカットしてシッカリと目の前のコースが見える状態にする事が好ましいです。
これらも問題をサポートしてくれるものが偏光サングラスです。

実際に伊豆で行われるアドベンチャーレースの概要でも、海上の照り返し防止のために偏光サングラスの使用を推奨しています。
紫外線を防止することは、後々紫外線の影響で起こりうる目へのダメージを予防することにもつながりますので、取り入れるといいでしょう。
さらに乱反射をカットしてくれる偏光サングラスは、水面での障害物が正確に把握できます。
そして、風が強い状況になった場合にもサングラスがしっかりと目を守ってくれます。

近年テレビでも大注目
最近では、アドベンチャーレースがNHKやBSなどで特番を組まれるほど注目集めております。
中でも田中正人さんがキャプテンを務めるプロアドベンチャーレースチーム「イーストウィンド」は有名であり、国内の国際大会チャレンジチームです。
アドベンチャーレース番組では、中村雅美さん(イーストウィンドのチーム)のニュージーランド滞在の取材やイーストウィンドチームのコスタリカ大会編などが放送されております。

また、イーストウィンドチームのパタゴニア偏は、アドベンチャーレースDVDパタゴニア世界の果ての冒険レースというタイトルで販売されているので参考にされてみてはいかがでしょうか。
装備面でも文章を理解するより、実際にチャレンジしている方の動画を見る方が勉強になります。
アドベンチャーレースで使用するバックパックにしても、どういった使い方を意識して選んでいるかも動画から感じ取れるでしょう。

さて、ここまで世界規模で開催される大会で気になることがあると思います。
それは、「アドベンチャーレースの賞金」です。
日本ではそれほど高額賞金のレースは見受けられませんが、世界最高峰のアドベンチャー・レース「プライマル・クエスト」での賞金総額は20万ドルです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事 偏光サングラスとは?8つの利点をガチ解説!

関連記事

ページ上部へ戻る