クルージングで大惨事にならないよう偏光サングラスを装備!

クルージング偏光サングラス
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

クルージングをご予定されている方であれば、とてもその日を楽しみにされている事でしょう。
クルーザーから見る青い空、そして綺麗な海。
もし良い天気の日にクルージングを行う事が出来たなら、一生の思い出になる事もあるかもしれませんね。
心の準備だけ済ませておけば、後は当日晴れるのを待つばかりと感じていらっしゃるかもしれませんが、本当にクルージングを楽しみたいなら一つ準備しておくと望ましい物があります。
それは偏光サングラスと呼ばれるものです。

偏光サングラス忘れると痛い思いをする

偏光サングラスの存在をご存知でしょうか。
偏光サングラスは船釣り釣りをする様な方なら多くの方がご存知ですが、クルージングを初めてされる方は偏光サングラスを忘れがちです。
クルージングでは、海一面が太陽光の下です。
クルージング途中に魚の群れを発見し、楽しく船上から観察しようとしたけど海面が反射して全く見えない。
というった事が起こります。

また、特に日本の海では漂流物や漁師の仕掛けを見かけます。
船を操舵しているとき、海面の照り返しで漂流物に気付かずスクリューに巻き込むと大惨事です。
せっかくの楽しい時が、クルージングどころではなくなります。
こういった漂流物の発見にも、偏光サングラスが海面のギラツキをカットしてくれるので大活躍です。

偏光サングラスガ不可欠な理由
偏光サングラスというのは、通常のサングラスをパワーアップさせてものとして認識してください。
偏光サングラスは通常のサングラス同様、紫外線をレンズを通してカットしたり、まぶしさを軽減するといった効果も当然あります。
しかし、偏光サングラスの場合にはそれに加え、海面の日光の照り返しを抑え、非常に見やすくするという効果があるのです。
海面というのは肉眼ではなかなか見通す事が難しいのですが、偏光サングラスを使用する事でそれが可能となるという訳ですね。

普通のサングラスではただ視界が暗くなり、海面のギラツキもそのまま残ります。
ですから、肉眼や、ましてやサングラスを掛けている状態ではとても見えない様な光景を偏光サングラスを通して見る事ができ、クルージングの楽しさが何倍にも増す事になるのです。
例えば、先ほどあげたとおり魚の群れ。
多くの魚は、繁殖や身を守る事を目的として、群れをなして行動しています。
この群れというのは肉眼ではとても数えきれないほどの数で、数百、多ければ数千という群れになっています。
こうした魚たちの群れも、偏光サングラスをしていれば運が良ければ見る事が出来るでしょう。

それ以外でも、海面近くで泳ぐ魚というのは多くいます。
そういった魚も、よほど大きい魚なら肉眼でも捉える事が可能ですが、そのほとんどは偏光サングラスなしではとても確認できません。
偏光サングラスの着用で、より楽しめるアウトドアになることは間違いありません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事 偏光サングラスとは?8つの利点をガチ解説!

関連記事

ページ上部へ戻る