バス釣りに絶対不可欠な偏光サングラス

バス釣り偏光サングラス
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ブラックバス釣りの楽しさは、その大迫力なバスファイトでしょう。
特にバスフィッシングやルアーフィッシングは、考える釣りです。
釣れない時間帯、釣れる時間帯、バスの習性を理解しながら水温や気温そして天候を見据えてルアーやワームを選ぶ。
まさにスポーツといえる釣りです。
さて、その他にも釣果をあげるためのアイテムとしてバス釣りに欠かせない偏光サングラスがあります。

バス釣りにおける必要不可欠なものは?
バス釣りを趣味としている方は非常に多く、これから自分もブームにのって始めてみようという方も多いでしょう。
バス釣り初心者の方が道具を揃える上で、どうしてもルアーに集中しがちです。
釣りをするわけですからロッドや仕掛け、ワームやルアーといったものが必要になるわけですが、この他にも絶対に必要だと言えるアイテムがあります。

それが偏光サングラスです。
ただのサングラスではなく、偏光レンズを搭載しているというところが大きなポイントになるわけです。
ではなぜ、「偏光」ではいといけないのでしょうか。

バス釣りでは情報の把握がポイント
ブラックバスバスフィッシングに限った話ではありませんが、魚を釣るためには情報把握が必要です。
何も情報がない中で勘だけを頼りに釣りをしても、思ったような釣果を残すことはできません。
釣りの経験がある方なら痛感していることだと思いますが、具体的に必要な情報とはなんでしょう。

それは水面、そして水中の情報把握です。
狙うバスがどこにいるのか、水中の深さ、障害物の有無などが視覚的な情報と言えるわけです。
これらの情報を得るためには、水面や水中をよく見て観察することが大切です。

ですがここで大きな光の問題があります。
よく水面を観察して見るといって、もなかなか正確に見えないものなんです。
光の乱反射によって水面がまぶしくて見えないこともあります。

また、池や湖では水中から生えている植物が水面に映り込んでしまい見えにくい。
そもそも水中の様子を肉眼で見ることは困難です。
そこで効果を発揮してくれるのが偏光サングラスというわけです。

水面映りこみが消えて攻めやすい
偏光サングラスがあれば雑光をカットしてくれるので、水中もよく見える。
水面の障害物の映り込みもカットしてくれます。
偏光サングラスは光の反射を防いで視界を確保してくれるだけでなく、水中もよく見えるようになります。

つまり、バスを釣るために必要な視界情報を簡単に把握することができるわけです。
サングラス1つでそんなに違うわけない、そう疑問を抱く方もいるかもしれません。
しかし偏光サングラスの効果は絶大で、かけるだけでまったく違う世界が見えてくると言えます。

これは決して言い過ぎではなく、文字通り目の前に別世界が広がります。
だからこそ、特に野池釣りのバスフィッシングには偏光サングラスが絶対に必需品だと言われるのです。
これは、偏光サングラスをかけたことがある方ならよくわかるのではないかと思います。

同じ場所でたくさんの人と釣りをしていて、自分だけなぜか釣れないなんてこともあるかと思います。
こうした時、運が悪かったと考えてしまいがちですが本当の原因は運ではなく、把握している情報量や分析力に違いがある可能性があります。
それほど釣りにおいて情報は大切で、その情報を把握しやすくする偏光サングラスがいかに重要なアイテムであるかがわかります。
楽しんでバスを釣るためにも必ず偏光サングラスは準備しておきましょう。

ゲーム性の高さが大きな楽しみ
ブラックバスの釣り方にコツを覚えだした頃から、さらにバス釣りが楽しくなります。
周りは釣れているのに自分は、なぜか釣れない。
釣れない何かの理由があり、それをひとつ1つ原因を突き止めて釣果につなげる。
それが、ブラックバスのゲーム性の高さです。

釣り具屋でバス釣りのルアーランキングを眺めて買いそろえたり、友人からバス釣りの人気ルアーを聞き出す。
あたまたバス釣りロッドは何を使って、仕掛けはどう組み込むか。
そして熟考した結果、努力の先に来るバスファイト。

その瞬間は感激そのものですが、その体験をはやくしたいバス釣り初心者の方はロッドやタックルなどを経験者に聞く方が良いです。
経験者が身近にいなくても、心配ありません。
釣り具屋さんに行き、定員さんに聞くとブラックバスルアーのおすすめなどの疑問を即答してくれます。

ボートを活用すると更に面白い!
陸から狙うバスフィッシングでは、どうしても攻める範囲が限られてしまいます。
ボートが利用すれば、行動範囲が広くなり必然的に攻める事が可能な範囲も拡大します。
つまり、陸では体験できないファイトを楽しめるようになります。

陸からのバス釣りの釣果があがって、テクニックや知識も身についてきたら一度ボートブラックバスに挑戦してみてはいかがでしょうか。
ボートフィッシングの経験を積むとさらに面白い釣りができます。

それば、ブラックバス釣りのトーナメント大会です。
日本バスクラブ主催、釣りメーカー主催などいろいろありますがこれら大会へ出場することにより知らなかったプロの考え方を身に付けるチャンスでもあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事 偏光サングラスとは?8つの利点をガチ解説!

関連記事

ページ上部へ戻る