ビーチバレーボールでここまで役立つ偏光サングラス

ビーチバレーボール偏光サングラス
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ビーチバレーボールは、海辺の砂浜で2人1組みとなって行うバレーボール競技です。
ビーチボールバレーとも呼ばれます。
ビーチバレーは「オリンピック種目」にもなっており、ビーチバレーでの有名人も数多くいるのでご存知の方も多いスポーツでしょう。

ビーチバレーで役立つ偏光サングラスの2つの利点
ビーチボールバレーで常に灼熱の太陽の下プレーし続けることを考えると、偏光サングラスの着用は極めて重要だと感じます。
ビーチバレーボールプレーヤーに求められる何よりも大切なことは、視野の広さ、そして目の保護です。

砂浜は場所や地域によって色が違いますが、比較的明るい色をしている関係で太陽光を通常以上に反射します。
特に白砂の砂地の場合は、太陽光を猛烈に反射しますので目への負担が増大します。

さらに水面からの光の照り返しも考えなければなりません。
この照り返しの中には非常に多くの乱反射光と紫外線が含まれており、目を疲れさせてしまう原因となります。
通常のレンズでは紫外線を防げても、通常目にしている約90%の雑光は防ぐことができません。
これらを考えると、偏光サングラスを利用して「約90%の雑光」と「紫外線」をカットして目の負担を軽減させてあげる選択がベストです。

ハイカーブアイウェアで砂をガード
偏光サングラスの活用で、乱反射光(雑光)と紫外線をカットできることは理解できたと思います。
さて、ここでは物理的なプロテクション機能をお話します。
偏光レンズを通しての視界は、格段に良好となり目への負担も大幅に軽減します。

しかし、ビーチバレーボールをするにあたって、もう一つ忘れてはいけない問題があります。
それは、目や顔面への砂被り対策です。
ピーチバレーボールは、ハードな動きや砂面へダイブすることもあります。
必然的に、砂が目や顔面へかかる場面が多くあります。
そこで、ハイカーブフレームの偏光サングラスを使用すると顔のラインにフィットして比較的砂の対策を取りやすいです。

また、ビーチボールバレーのアタックで目に砂が入ることも多いです。
プレー中は、ビーチボールの表面がプレイヤーの汗などで濡れてしまい砂がついてしまいます。
当然砂のついたボールをアタックするので、ボールの砂も飛び散り目に砂が入る危険性があるわけです。
これらの問題も偏光サングラスの使用で、解決します。

ビーチバレーボール女子選手も愛用する
「ビーチバレーボールをする女子がかわいい」、そんな声が海辺では飛び交います。
飛び交うとは大げさな表現をしてしまいましたが、確かに女の子がビーチバレーボールをしている姿は可愛いものがあります。
近年では、ファッション性に富んだファッション偏光サングラスもあります。
なので、「可愛いさ」を優先にサングラスを選ぶ場合もファッション偏光サングラスをおすすめします。

さて、日本でビーチバレーボールという名前を広めた人は誰でしょうか。
いろいろと調べてみると、どうやらビーチバレーボールのプロ選手たちのようでした。
男性プレーヤーも活躍しているのですが、テレビやドラマ、映画などでビーチバレーのシーンはほぼ女性です。
特に、ビーチバレーの浅尾美和選手は世間から注目されビーチバレーボールの認知も高まりました。
浅尾美和さんも偏光サングラスをしっかりと愛用しており、クッション性と耐久性が高いスポーツサングラスを好んで選ばれております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事 偏光サングラスとは?8つの利点をガチ解説!

関連記事

ページ上部へ戻る