競輪で使用する偏光サングラスのメリット

競輪偏光サングラス
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

競輪とは、競技用の特殊なレース自転車を用いて首位を争うスポーツ競技で、競艇ボートレースや競馬と同じく公営競技の一種として知られています。

競輪と偏光サングラス
競輪は日本国内を発祥とする公営競技の一種です。
一般的には競輪はギャンブルとして興じる事が多くなるのですが、1980年に世界選手権において正式種目に追加されたのを皮切りに2000年になるとシドニーオリンピックでは正式種目として追加されました。

今や自転車競技の一つとして世界的に認知されるスポーツのようになりました。
競技においては国内の競技用バンクが一般に開放される事もありますので一般の方が走行する事も可能です。

また、競技で用いられるピストは違法ながらも公道で走行する一般ユーザーも多く、様々な場面で注目が集まる競技なのです。
走行する際には偏光サングラスの着用が必須アイテムとして認知されており選手ならずとも一般の方もその多くが偏光サングラス愛用者です。

偏光サングラスを着用するメリットとは
競輪の競技を行う際になぜ偏光グラスを着用するのでしょうか。
自転車競技には様々な種類が存在するのですが、いずれも基本的にスピードを競う事になります。
そのため、速い速度で走行する中では、視界と目の保護が非常に重要になります。

また、競技はいずれも屋外で行われますので紫外線の悪影響から目を守るために偏光サングラスの着用は必須であります。
特に競技場の路面(バンク)は素材としてコンクリートを用いている事から、通常の路面のアスファルトと比較すると色調がやや白く、太陽の照り返しが強くなります。
その強い反射光から、目を守れる点で偏光サングラスは大きなメリットがあるのです。

さらに競技においては他の自転車競技と比較すると走行距離が短くわずか1500mから3000mになります。
その点から比較的競技中の速度が非常に速くなり、ゴール前ではおよそ70kmにも到達するといわれています。
高スピードとなるため、偏光レンズで乱反射する光りをカットした視界の良さを確保する事が重要となります。

競輪におすすめの偏光サングラスとは
競輪において、偏光サングラスに求める性能としてはバンクの照り返しから目をしっかりと守り良好な視界を確保できること。
タイヤに巻き込んで小石が飛んできた時の衝撃や転倒時の衝撃から守れる堅牢さが求められる事になります。

特に、光の照り返しについて一般道での走行と比較して光量が増す傾向があるため、クリーンな視界を確保する事が大きな問題点になります。
その光の照り返しによる乱反射の問題解決として偏光サングラスが使用されるわけでありますが、プロの選手になると可視光線の透過率が異なる複数の偏光サングラスを現場の状況を踏まえて使い分けることがあります。

もちろん一般の方がここまでのこだわりを持つ必要は無いのですが、安全性を高めてより安定した走行とクリーンな視界を確保するために余裕があるのであれば透過率別に複数準備しておいても良いでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事 偏光サングラスとは?8つの利点をガチ解説!

関連記事

ページ上部へ戻る