ロッククライミングで視界安心!偏光サングラスという助っ人

ロッククライミング偏光サングラス
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ロッククライミングとは、登山の種類に分けられ登攀と呼び険しい岩壁をよじ登ることを全てをさします。
過酷なスポーツであるため、一般的な山登りとロッククライミングは区別されております。

ロッククライミングにも大きく2つの種類があり、困難な岩壁や氷河壁などを登るアルパイン・クライミングと、人工的道具や人工的手段を使わずに黙々とよじ登るフリークライミングがあります。
さらに深堀するとボルダリングというロープ等を使わずに岩壁を登る種類もあります。

大自然の驚異を間近で感じる競技
最近は室内ロッククライミングのキット施設を有する練習場も増え、競技人口も非常に多くなってきました。
本来のロッククライミングは、大自然に聳え立つ巨大な岸壁を、手と足だけを頼りに登っていくものです。
そのため頭上から照りつける太陽と戦い続けなければなりません。

最近はロッククライミングにぴったりの偏光サングラスも販売されており、その多くに高偏光度レンズが搭載されております。
ロッククライミングをする場合、どうしても上を向くことや岩壁の観察が多くなりますから、太陽光の乱反射が視界をギラつかせて目を刺激し、疲れやすくなってしまいます。
紫外線は体を疲れやすくさせる作用がありますので、これは仕方ないことです。
偏光レンズ越しの視界であれば、これらの問題や悩みどころが解消されます。

視界以外にも塵や小石をガード
ロッククライミングでもうひとつ注意したいのが上からの落下物や塵、強風などです。
大きな落下物が迫ってくることはほとんどありませんが、どうしても自然を相手にしますから小石や破片が落下することは避けられません。
ですから、万が一の落下物に備えて目を守ることができるよう、視界確保と物質的な目のガードをしてくれる偏光サングラスの着用が望ましいと言えるでしょう。

デザインよりホールド感を重視する
ロッククライミング中は、雪崩れるように大量の汗をかいてしまいます。
炎天下で競技をするときだけではなく、涼しいと思われる日であっても、汗を避けることはできません。
汗は額、ほほといった顔全体だけではなく、頭にもかきますから、汗で偏光サングラスのフレームがずれてしまうことが考えられます。
偏光サングラスがずれてしまえば、集中力が欠けてしまいロッククライミングの進行に影響してしまいます。
集中力を損なってしまっては、偏光サングラスの良い視界も役割を果たしません。

ロッククライミングを行う際の偏光サングラスはデザインで選ばずに、ずれにくいフレーム形状を選ぶようにしましょう。
ロッククライミングにおける危険性を回避し、特性を生かした偏光サングラスを選びたいものです。
偏光レンズは多くスポーツにおいてトータル的に適したものでありますが、あなたの行うロッククライミングのスポーツレベルに合わせて選んでみてください。

今ではロッククライミング初心者を歓迎するロッククライミング体験施設が、大阪や神戸、神奈川や群馬などで注目を集めております。
ロッククライミングのジムで服装や偏光サングラスの選び方、ロッククライミング用シューズのサイズ選択や値段を相談しましょう。
ロッククライミングシューズの選択もとても大切になりますので、初心者のうちはオークションなどで購入せず専門ショップでの購入をおすすめします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事 偏光サングラスとは?8つの利点をガチ解説!

関連記事

ページ上部へ戻る