ここまで記録が左右する!跳躍競技には偏光サングラス

跳躍競技偏光サングラス
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

陸上競技のフィールド競技に分類され、跳躍競技とは跳躍による高さや距離を競うスポーツ競技を指します。

跳躍競技と偏光サングラス
陸上競技の中でも跳躍競技と呼ばれる走り幅跳び・走り高跳び・三段跳び・棒高跳びなどの4種の競技は、いずれも跳ぶ能力を競うものであります。
全身のバネを活用してパワフルに跳躍する姿は競技者にとっても、また観戦する側にとっても魅力的な人気の高い種目になります。
一般的に陸上競技を行う方は長距離などのトラック競技種目と共に跳躍の種目も兼ねる場合が多いのですが、選手の中にはトラック競技のみならずフィールド競技の跳躍種目においても偏光サングラスを着用するケースが多く見受けられます。

例えば2009年の世界陸上競技選手権大会(世界陸上選手権)で走高跳3位に入賞したドイツのアリアネ・フリードリヒ選手は、走高跳の競技において常に偏光サングラスを着用しており、その勇姿を記憶している方も多いかと思われます。

どのような状況で偏光サングラスを着用すれば便利なのか
偏光サングラスを着用する状況としては、やはり陸上競技になりますので屋外で過ごす時間が非常に長く日差しが強い時に避けるためのアイテムとして便利な物であります。
また、陸上競技では瞬間的な集中力がとても必要となります。
そのため偏光レンズによる乱反射光をカットしたクリーンな視界を確保して、集中力を高める意味合いもあります。

その点がサングラスを着用する第一の目的になるのですが、跳躍競技の場合はそれ以外にも別の目的でグラスを装着することがあります。
大きな大会ならずとも緊張が強いられる場面では、ここ一番の集中が求められる時に周囲の様子が気になってしまい、集中できないケースもあります。
特に跳躍の走り幅跳び・走り高跳び・三段跳び・棒高跳びなどはいずれも集中を高めた上でステップやリズムなどタイミングを計る必要がありますので、何より集中が必要な競技になるのです。

そうした時にも偏光サングラスを越しに見える対象物は、視界にクリーンな状態でハッキリと見えるため、目標をしっかり狙いステップに入る事が可能になるのです。

跳躍競技におすすめの偏光サングラスとは
まず跳躍のいずれの競技でも助走で身体を大きく動かす事から始まり、踏み切りから着地に至るまでは縦方向の振動だけでなく上下左右様々な方向にグラビティーが掛かることになります。
当然ながら、通常のファッション感覚の偏光サングラスは非常に外れやすく、ホールドしません。
万が一、偏光サングラスが外れてしまい着地の際に身体の下敷きになれば破損により肌に傷が生じる心配もあります。

そこでおすすめの偏光サングラスとしてはしっかりとホールドして外れにくいフレーム構造であると共に、強度があり壊れにくい頑強な造りの偏光レンズを選択すると良いでしょう。
また視野に関しては、基本的にスポーツを行う上で幅広い方が良いのですが、集中力を高める目的で着用する場合にはご自身お好みでレンズの大きさを選択すると良いでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事 偏光サングラスとは?8つの利点をガチ解説!

関連記事

ページ上部へ戻る